北越製紙(株)『北越製紙百年史』(2007.04)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治42年(1909) - 【渋沢栄一】多くの企業・団体の役員を辞任。渡米実業団を組織し団長として渡米。タフト大統領と会見。〔69歳〕【竜門社】組織を変更し、社則を改正。青淵先生の道徳経済合一説を広め実践する団体に性格を変える。 渋沢関係略年譜
1月 ・支配人心得渋谷謙三郎が入社(明治43年1月支配人) 北越製紙関連事項
2月12日 ・長岡工場復旧落成式を挙行 北越製紙関連事項
2月12日 ・役員会で本社規則、工場規則を決定(25日実施) 北越製紙関連事項
4月22日 ・技師堀越寿助に技術顧問を委嘱(藁パルプ製造、砕木パルプ新設につき進言) 北越製紙関連事項
4月 ・三盛舎(レンゴーの前身)、日本初のダンボール事業開始 業界関係および一般社会情勢事項
5月 ・日本洋紙と板紙一手販売の契約を結ぶ 北越製紙関連事項
5月 ・新聞紙法公布・施行 業界関係および一般社会情勢事項
10月11日 ・三井合名会社設立 業界関係および一般社会情勢事項
12月 ・板紙の輸出を開始 北越製紙関連事項
明治43年(1910) - 【渋沢栄一】政府諮問機関の生産調査会創立・副会長。社団法人東京銀行集会所会長。〔70歳〕【竜門社】青淵先生の七十寿祝賀会を開催する。 渋沢関係略年譜
2月13日 ・東京出張所を開設(日本洋紙との契約破棄に対処して)。5月をもって閉鎖 北越製紙関連事項
8月22日 ・日韓併合条約調印 業界関係および一般社会情勢事項
9月12日 ・王子製紙苫小牧工場開業 業界関係および一般社会情勢事項
11月 ・『講談倶楽部』創刊 業界関係および一般社会情勢事項
明治44年(1911) - 【渋沢栄一】日露協会評議員。維新史料編纂会委員。財団法人済生会設立、顧問・評議員。勲一等に叙し瑞宝章を授与される。〔71歳〕 渋沢関係略年譜
3月29日 ・工場法公布(大正5年9月施行) 業界関係および一般社会情勢事項
9月5日 ・日本板紙共同販売所を板紙6社で設立(10月23日開業) 北越製紙関連事項
10月10日 ・辛亥革命始まる 業界関係および一般社会情勢事項
明治45年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 ・中華民国成立 業界関係および一般社会情勢事項
2月25日 ・大阪紙商同業組合設立 業界関係および一般社会情勢事項
5月 ・佐伯勝太郎著『製紙術』刊行 業界関係および一般社会情勢事項
大正元年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
7月30日 ・明治を大正と改元(明治天皇崩御) 業界関係および一般社会情勢事項
PAGE TOP