旭化成(株)『旭化成八十年史 : 資料編』(2002.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治39年(1906) - 【渋沢栄一】大日本麦酒株式会社設立、取締役。南満州鉄道株式会社設立委員。京阪電気鉄道会社創立・創立委員長(後に相談役)。大日本製糖株式会社設立、相談役。名古屋電力株式会社創立・相談役。東海倉庫株式会社創立・相談役。明治製糖創立・相談役。〔66歳〕 渋沢関係略年譜
1月12日 曾木電気(株)設立〔矢楯川曾木滝の水力発電事業。資本金20万円、取締役野口遵、本店鹿児島県伊佐郡〕 経営・一般
明治40年(1907) - 【渋沢栄一】帝国劇場会社創立・創立委員長(後に取締役会長)。品川白煉瓦株式会社相談役。日清汽船株式会社創立、取締役。日本皮革株式会社創立、相談役。合資会社沖商会有限責任社員・監査役。帝国製麻株式会社創立、相談役。東明火災海上保険株式会社創立、取締役。〔67歳〕 渋沢関係略年譜
3月 日本カーバイド商会設立 経営・一般
明治41年(1908) - 【渋沢栄一】日韓瓦斯株式会社創立、取締役会長。帝国商業銀行相談役。東洋拓殖株式会社設立委員。木曾興業株式会社創立、相談役。アメリカ太平洋沿岸実業家一行招待。〔68歳〕 渋沢関係略年譜
4月27日 日本カーバイド商会 フランク、カロー式石灰窒素の日本における製造特許実施権を取得 生産・技術・研究開発
8月20日 曾木電気 日本カーバイド商会を合併。日本窒素肥料(株)に社名変更〔資本金100万円、本店大阪市西区阿波堀通〕(日窒肥料と略) 経営・一般
8月 日本カーバイト商会カーバイトを生産開始(水俣) 生産・技術・研究開発
明治42年(1909) - 【渋沢栄一】多くの企業・団体の役員を辞任。渡米実業団を組織し団長として渡米。タフト大統領と会見。〔69歳〕【竜門社】組織を変更し、社則を改正。青淵先生の道徳経済合一説を広め実践する団体に性格を変える。 渋沢関係略年譜
11月 日窒肥料 肥料工場完成(水俣)。石灰窒素の生産に着手 生産・技術・研究開発
明治43年(1910) - 【渋沢栄一】政府諮問機関の生産調査会創立・副会長。社団法人東京銀行集会所会長。〔70歳〕【竜門社】青淵先生の七十寿祝賀会を開催する。 渋沢関係略年譜
6月 日窒肥料 稗島工場(大阪府下西成郡)硫安を生産開始('12.5.4閉鎖) 生産・技術・研究開発
8月22日 日韓併合 業界・社会一般
明治45年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 南京に臨時政府(中華民国)成立 業界・社会一般
7月30日 明治天皇崩御。大正と改元 業界・社会一般
大正3年(1914) - 【渋沢栄一】東北九州災害救済会創立、副総裁。合資会社国際通信社設立、相談役。日中経済界の提携のため中国訪問。財団法人国産奨励会設立準備委員総代、顧問。〔74歳〕 渋沢関係略年譜
5月 日窒肥料 鏡工場(熊本県八代郡)石灰窒素、硫安を生産開始('26.9生産中止。'27.10.3売却) 生産・技術・研究開発
7月28日 第1次世界大戦勃発('18.11.11終結) 業界・社会一般
- (この年)パナマ運河開通(8.15) 業界・社会一般
大正6年(1917) - 【渋沢栄一】日米協会創立・名誉副会長。〔77歳〕 渋沢関係略年譜
9月12日 金輸出禁止令公布(事実上金本位制停止) 業界・社会一般
大正7年(1918) - 【渋沢栄一】渋沢栄一著『徳川慶喜公伝』(竜門社)刊行。〔78歳〕 渋沢関係略年譜
6月17日 帝国人造絹糸設立現帝人 業界・社会一般
大正8年(1919) - 【渋沢栄一】アメリカ合衆国政府より日米船鉄交換争議の仲裁人を委嘱される。協調会創立・副会長。〔79歳〕 渋沢関係略年譜
6月28日 ベルサイユ講和条約調印 業界・社会一般
大正9年(1920) - 【渋沢栄一】国際聯盟協会創立・会長。日華実業協会創立、会長。子爵を授けられる。〔80歳〕【竜門社】青淵先生八十寿及び子爵へ陞爵の祝賀会を開催し、記念として青淵文庫を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
1月10日 国際連盟発足 業界・社会一般
3月15日 株式、商品相場大暴落(戦後恐慌始まる) 業界・社会一般
5月 五ヶ瀬川電力(株)設立〔五ヶ瀬川発電所建設〕 経営・一般
- (この年)第1回国勢調査実施(内地5600万人、外地2100万人) 業界・社会一般
PAGE TOP