旭電化工業(株)『旭電化七十年史』(1989.07)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正6年(1917) - 【渋沢栄一】日米協会創立・名誉副会長。〔77歳〕 渋沢関係略年譜
10月 苛性ソーダの販売開始 当社事項
10月 ロシア革命起こる 一般事項
10月 ソーダ工業塩の自己輸入が許可される 一般事項
11月 近藤陸三郎取締役逝去 当社事項
12月 稲荷神社造営の修祓式を挙行 当社事項
大正7年(1918) - 【渋沢栄一】渋沢栄一著『徳川慶喜公伝』(竜門社)刊行。〔78歳〕 渋沢関係略年譜
1月 尾久工場完成 当社事項
1月 大阪出張所開設 当社事項
4月 軍需工業動員法公布 一般事項
7月 米が大暴騰し、米騒動の端緒となる 一般事項
9月 雨宮亘社長逝去 当社事項
9月 ビリターライカム式隔膜電解槽の特許権専用が免許される 当社事項
11月 連合国、ドイツと休戦協定調印 一般事項
12月 桂川電力(株)と電力供給契約を更新(最大1000kW) 当社事項
12月 資本金を200万円に増資 当社事項
大正8年(1919) - 【渋沢栄一】アメリカ合衆国政府より日米船鉄交換争議の仲裁人を委嘱される。協調会創立・副会長。〔79歳〕 渋沢関係略年譜
1月 苛性ソーダ濃縮用真空蒸発缶を設置 当社事項
2月 本社事務、販売係を除いて尾久工場に移転 当社事項
2月 長富直三取締役逝去 当社事項
4月 硬化油の製造開始(大正7年4月着工) 当社事項
6月 ベルサイユ講和条約調印 一般事項
8月 石鹸工場の建設に着手(12月試運転) 当社事項
PAGE TOP