旭電化工業(株)『旭電化七十年史』(1989.07)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正8年(1919) - 【渋沢栄一】アメリカ合衆国政府より日米船鉄交換争議の仲裁人を委嘱される。協調会創立・副会長。〔79歳〕 渋沢関係略年譜
9月 共済組合設立 当社事項
11月 国際労働会議、8時間労働制を可決 一般事項
12月 苛性ソーダ、イギリス品の輸入急増で大暴落 一般事項
大正9年(1920) - 【渋沢栄一】国際聯盟協会創立・会長。日華実業協会創立、会長。子爵を授けられる。〔80歳〕【竜門社】青淵先生八十寿及び子爵へ陞爵の祝賀会を開催し、記念として青淵文庫を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
1月 職員の互助機関として互訪会発足 当社事項
1月 石鹸の製造開始 当社事項
1月 国際連盟発足 一般事項
2月 浦野三朗(曹達係長)、ソーダ工業調査のため欧米に出張 当社事項
3月 第1次恐慌、株価、綿糸、生糸など大暴落 一般事項
4月 函館出張所開設 当社事項
5月 わが国で最初のメーデー、上野公園で開催 一般事項
6月 晒粉連合会結成、生産、価格の協定を行う 一般事項
8月 牛脂の関税撤廃 一般事項
10月 第1回国勢調査実施 一般事項
大正10年(1921) - 【渋沢栄一】排日問題善後策を講ずるため渡米。ハーディング大統領と会見。〔81歳〕【渋沢敬三】東京帝大経済学部卒業。横浜正金銀行へ入行。 渋沢関係略年譜
1月 浦野三朗帰朝、ライカム式電解槽をシーメンス式に改造することを決定 当社事項
3月 合成塩酸の研究着手 当社事項
4月 関税定率法改正、苛性ソーダの関税引き上げ 一般事項
5月 東信電気とビリターシーメンス式特許の共有契約締結 当社事項
11月 原敬首相暗殺、高橋是清内閣成立 一般事項
11月 不況深刻化、ストライキ246件、小作争議1,680件 一般事項
- *塩素利用による藁パルプの研究に着手 当社事項
PAGE TOP