荒川林産化学工業(株)『荒川林産百年史 : 松脂と共に』(1977.04)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治13年(1880) - 【渋沢栄一】博愛社創立・社員(後に日本赤十字社・常議員)。〔40歳〕 渋沢関係略年譜
10月5日 養子荒川彦兵衛、家業を継ぎ二代荒川政七を名乗る 当社事項
10月5日 初代荒川政七、政六と改名 当社事項
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
6月 二代荒川政七、大阪薬種卸商仲買組合を経て大阪東区役所に薬種小売業兼業の届を提出 当社事項
明治18年(1885) - 【渋沢栄一】ジャパン・ブリュワリー・コンパニー・リミテッド設立(後に理事)。日本郵船会社創立(後に取締役)。東京瓦斯会社創立(創立委員長、後に取締役会長)。〔45歳〕 渋沢関係略年譜
7月1日 (3日まで)大阪に大出水 参考事項
9月27日 荒川正太郎、二代政七の長男として出生 当社事項
明治21年(1888) - 【渋沢栄一】札幌麦酒会社創立・発起人総代(後に取締役会長)。品川硝子会社設立、相談役。東京女学館開校・会計監督(後に館長)。〔48歳〕【竜門社】出版条例の改正により『竜門雑誌』1号を改めて発行する。第1回秋季総集会を曖依村荘にて開催する。 渋沢関係略年譜
11月3日 荒川菊治郎、二代政七の二男として出生 当社事項
明治22年(1889) - 【渋沢栄一】東京石川島造船所創立・委員(後に取締役会長)。門司築港会社創立・相談役。田川採炭株式会社創立・相談役。三重紡績株式会社相談役。北海道炭礦鉄道会社常議員〔49歳〕 渋沢関係略年譜
4月1日 大阪・堺に市政、その他に町村制施行 参考事項
7月1日 東海道線全通 参考事項
明治27年(1894) - 【渋沢栄一】東京瓦斯株式会社取締役会長。東京海上保険株式会社取締役。北越鉄道株式会社創立発起人。札幌麦酒株式会社取締役会長。〔54歳〕 渋沢関係略年譜
2月28日 二代荒川政七、大阪市東区伏見町2丁目43番屋敷にて死去 当社事項
3月23日 二代荒川政七の妻ハツ、家業を継ぐ 当社事項
7月25日 日清戦争起こる 参考事項
明治28年(1895) - 【渋沢栄一】東京統計協会終身会員。〔55歳〕 渋沢関係略年譜
5月10日 日清戦争終わる 参考事項
明治30年(1897) - 【渋沢栄一】澁澤倉庫部開業(後に澁澤倉庫会社・発起人)。十勝開墾合資会社業務担当社員。広島水力電気株式会社創立、取締役会長。渋沢家洲崎養魚場開設 〔57歳〕 渋沢関係略年譜
- 現大阪市都島区片町にて「ずみ」(植物性顔料)の製造をはじむ 当社事項
明治31年(1898) - 【渋沢栄一】浅野セメント合資会社監査役。韓国視察、韓国皇帝に謁見。王子製紙株式会社取締役会長を辞す(後に相談役)〔58歳〕 渋沢関係略年譜
2月7日 店舗を伏見町2丁目24番屋敷(現13番地付近)に移す 当社事項
明治36年(1903) - 【渋沢栄一】東宮御慶事奉祝会副会長・会計監督。インフルエンザ罹患、喘息を併発。京釜鉄道株式会社理事。〔63歳〕 渋沢関係略年譜
9月26日 最初の大阪市電走る 参考事項
- 工場を都島区より城東区蒲生橋南詰西入る南側に移し、ずみ、ロジンの製造を行う 当社事項
明治37年(1904) - 【渋沢栄一】風邪をこじらせ長期に静養。韓国興業株式会社設立、監督。〔64歳〕 渋沢関係略年譜
2月10日 日露戦争起こる 参考事項
3月16日 店舗を伏見町2丁目43番地屋敷の旧地に復帰 当社事項
11月20日 荒川政六(初代政七)、同所にて死去(79歳) 当社事項
明治38年(1905) - 【渋沢栄一】韓国皇帝より勲一等太極章。移転した養育院感化部井之頭学校と改称、開校式。〔65歳〕 渋沢関係略年譜
9月5日 日露戦争終わる 参考事項
PAGE TOP