万有製薬(株)『万有製薬八十五年史』(2002.07)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
昭和6年(1931) - 【渋沢栄一】癩予防協会会頭・理事。永眠。〔91歳〕【渋沢敬三】東京貯蓄銀行会長に就任。 渋沢関係略年譜
6月 咳止め飴「ユーカリメントールボンボン」、結核治療強壮剤「ヌトローゲン」、造血栄養牛血剤「アネミキュアー」、造血栄養剤「レベラーゲン」発売 当社事項
9月 深達性殺菌消毒注射剤「ピオゲノール」発売 当社事項
9月 「満州事変」勃発 業界・一般社会事項
12月 金輸出を再禁止 業界・一般社会事項
昭和7年(1932) - 【竜門社】第一次青淵先生伝記資料編纂事業を開始する。【渋沢敬三】第一銀行常務取締役就任。 渋沢関係略年譜
1月 上海事変勃発 業界・一般社会事項
3月 満州国建国宣言 業界・一般社会事項
5月 京城府(現韓国)に駐在所を開設(京城府本町通り3) 当社事項
5月 5・15事件(犬養首相殺害) 業界・一般社会事項
6月 第5改正日本薬局方公布 業界・一般社会事項
10月 喘息治療剤「塩酸エフェドリン注射液」、喘息治療・手術用剤「スプネフリン」発売 当社事項
- 目黒工場にサルバルサン工場、資材倉庫を増築 当社事項
昭和8年(1933) - 【竜門社】青淵先生の遺言により渋沢家から曖依村荘を受贈する。財団法人渋沢青淵翁記念会が東京・常盤橋公園に青淵先生の銅像を建てる。 渋沢関係略年譜
1月 ヒトラーのナチス政権成立 業界・一般社会事項
2月 骨格筋アウトホルモン「ミオカノン」、喘息治療剤「エフェドリン錠」、鎮静消炎解熱注射剤「サヨブロリン」、神経性疾患・栄養補給剤「トーカノン」、治淋利尿殺菌剤「ザロウルチン」「ヘキザウルチン錠」発売 当社事項
3月 日本、国際連盟を脱退 業界・一般社会事項
10月 硫黄発熱療法注射剤「ピロズルフ」発売 当社事項
昭和9年(1934) - 【渋沢敬三】日本民族学会理事就任。 渋沢関係略年譜
5月 癌研究所開所 業界・一般社会事項
10月 創立20周年記念式典挙行 当社事項
11月 奉天(現瀋陽)出張所を開設(奉天市大和区加茂町15) 当社事項
12月 資本金、150万円に増資 当社事項
12月 日本、ワシントン海軍軍縮条約を破棄 業界・一般社会事項
PAGE TOP