小野田セメント(株)『小野田セメント百年史』(1981.08)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治31年(1898) - 【渋沢栄一】浅野セメント合資会社監査役。韓国視察、韓国皇帝に謁見。王子製紙株式会社取締役会長を辞す(後に相談役)〔58歳〕 渋沢関係略年譜
5月 ・セメント市況悪化し同業者間で共同販売会社設立の計画起こる 関連事項
5月 ・東京市深川区釜山堀に東京セメント(資)設立(⇒明37・1) 関連事項
6月 ・三河セメント会社改組し、三河セメント(株)と称す(⇒昭15・5) 関連事項
8月 ・賀田組と台湾に於ける委託販売契約締結 当社事項
9月 ・セメント同業8社にて全国一手販売を目的とする共同セメント(資)設立(明32・5解散) 関連事項
10月 ・従業員の一部にわが国初の8時間3交替制を実施 当社事項
- ・ディーチュ窯2基完成(下期) 当社事項
- ・石川県七尾港に北陸セメント(株)設立(終末不明) 関連事項
- ・吾妻セメント(株)設立、東京の天明セメント(株)を買収(終末不明) 関連事項
明治32年(1899) - 【渋沢栄一】衆議院議員選挙法改正規制同盟会会長。福田会名誉顧問。大蔵省より北海道拓殖銀行設立委員に任命。京仁鉄道合資会社設立、取締役社長。銀行倶楽部委員 〔59歳〕 渋沢関係略年譜
4月 ・40kW直流発電機を設置し工場内一部に初めて電灯照明行われる 当社事項
4月 ・河辺国作ら愛知県渥美郡野田村に仁崎セメント(株)設立(明33・4解散) 関連事項
5月 ・旅順方面の販売を長崎田原商店に委託 当社事項
- ・原料調合に自動連結天秤採用(上期) 当社事項
- ・浅野社門司工場にわが国初のチューブミル設置 関連事項
明治33年(1900) - 【渋沢栄一】京釜鉄道株式会社創立委員長。日本興業銀行設立委員。黒須銀行相談役。〔60歳〕【竜門社】青淵先生の還暦祝賀として『青淵先生六十年史 一名近世実業発達史』を刊行、青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
2月 ・日本ポルトランドセメント業技術会設立 関連事項
3月 ・小林春一郎、愛知県田原町に巴江セメント(株)設立(操業に至らず解散) 関連事項
4月 ・本社新工場にて落成式挙行 当社事項
- ・本社新工場焼窯(ディーチュ窯8基)完成(上期) 当社事項
- ・従業員教育のための夜学会を開設、退職金制度新設 当社事項
明治34年(1901) - 【渋沢栄一】大阪瓦斯会社監査役。日本女子大学校開校・会計監督(後に校長)。東京・飛鳥山邸を本邸とする。京釜鉄道株式会社取締役、後に取締役会長。茨城採炭株式会社創立、相談役。〔61歳〕 渋沢関係略年譜
1月 ・セメント1樽の容量を400ポンドより380ポンドに変更 関連事項
PAGE TOP