日本セメント(株)『百年史 : 日本セメント株式会社』(1983.11)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治19年(1886) - 【渋沢栄一】「竜門社」創立。東京電灯会社開業(後に委員)。〔46歳〕【竜門社】竜門社が東京・深川福住町の青淵先生邸内に創立する。機関誌『竜門雑誌』創刊号を刊行。 渋沢関係略年譜
11月 政府は官庁の建築を急ぐため「臨時建築局」を設け、技術者を海外へ派遣 政治・経済・社会
- 川南セメント工場、(旧)大阪セメント株式会社に改組 業界
明治20年(1887) - 【渋沢栄一】東京製綱会社発起委員(後に取締役会長)。東京人造肥料会社創立委員(後に取締役会長)。京都織物会社創立、相談役。日本煉瓦製造会社創立・発起人(後に取締役会長)。帝国ホテル創立・発起人総代(後に取締役会長)。北海道製麻会社・相談役。〔47歳〕 渋沢関係略年譜
5月 私設鉄道条令公布 政治・経済・社会
6月 京岐商会田村半助、愛知県愛知郡熱田町白鳥にセメント工場建設(愛知セメント社の前身) 業界
- 深川工場の第1次増設工事完成(石灰窯新設) 当社
明治21年(1888) - 【渋沢栄一】札幌麦酒会社創立・発起人総代(後に取締役会長)。品川硝子会社設立、相談役。東京女学館開校・会計監督(後に館長)。〔48歳〕【竜門社】出版条例の改正により『竜門雑誌』1号を改めて発行する。第1回秋季総集会を曖依村荘にて開催する。 渋沢関係略年譜
1月 橋本辰三郎、自営のセメント工場を改組して(旧)日本セメント株式会社を設立、新たに東京市深川区猿江町小名木川に工場建設 業界
4月 京岐商会、合資会社に改組して愛知セメント商会と改称 業界
5月 青山熊太郎、栃木県安蘇郡佐野村に青山セメント製造所を設立(終末不明) 業界
5月 北村精造、大阪府千島新田木津川畔に個人経営の千島セメント製造所設立(大阪木津川セメント社、当社大阪工場の前身) 業界
7月 イギリス人フレデリック ウィルフリッド、スコット ストークスの両名、ランサムの回転窯に改良を加え、その特許権を獲得 業界
11月 水谷孫左衛門、東洋組セメント工場を譲受け、田原町豊島へ移設に着手 業界
12月 セメント製造会社(現小野田社)、わが国最初の乾式法によるセメント製造を開始 業界
12月 宮城造営完成 政治・経済・社会
- 西日本にセメント工場建設を計画し、門司セメント会社設立 当社
- マニラ築港工事用としてフィリピンへわが国最初のセメント輸出 当社
- 鈴木辰次郎、大阪市安治川川口八幡屋新田に工場建設、大阪川口セメント製造所と称す(長崎県下で遭難した欧州汽船の積載セメント再製を目的として建設=中央セメント株式会社の前身) 業界
明治22年(1889) - 【渋沢栄一】東京石川島造船所創立・委員(後に取締役会長)。門司築港会社創立・相談役。田川採炭株式会社創立・相談役。三重紡績株式会社相談役。北海道炭礦鉄道会社常議員〔49歳〕 渋沢関係略年譜
1月 前田元温、小曾木富蔵らの発起により、亜細亜セメント会社(組織不明)が設立され、東京府南葛飾郡小名木川で工場建設に着手したが、建設中止 業界
2月 大日本帝国憲法発布 政治・経済・社会
7月 東海道線開通(新橋~神戸間) 政治・経済・社会
9月 東洋組セメント工場、田原町豊島への移設工事完成、三河セメント会社と改称して操業開始 業界
PAGE TOP