石川島播磨重工業(株)『石川島播磨重工業社史. 沿革・資料編』(1992.04)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
慶応4年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
8月19日 太政官布告、官船令公布 一般事項
- 平野富二、長崎製鉄所機関方に任命される 石川島重工業
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
9月8日 明治と改元 一般事項
11月2日 海軍局を東京築地に設置 一般事項
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
3月28日 東京遷都 一般事項
3月 平野富二、長崎小菅造船所所長に任命される 石川島重工業
6月17日 版籍奉還。藩知事を設置 一般事項
6月 長崎製鉄所頭取本木昌造、上海のアメリカ人ガンフルに活版機械を注文し、長崎興善町唐通事会社跡に長崎製鉄所付属活版所設置(わが国活版術の発祥) 一般事項
7月8日 軍務官廃止、兵部省設置 一般事項
8月 加賀藩、兵庫東出町兵部省用地約3,600坪を借用して兵庫製鉄所(通称加州製鉄所)を設立 一般事項
9月18日 海軍操練所を東京築地に設置 一般事項
10月7日 西洋型船舶の建造・購入奨励示達 一般事項
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
1月27日 商船規則制定 一般事項
1月27日 西洋型船舶所有保護令公布 一般事項
10月9日 岩崎弥太郎、東京・大阪・高知間の航路開設(郵便汽船三菱商会の前身) 一般事項
10月20日 工部省設置 一般事項
10月 平野富二、長崎県権大属に任命され長崎製鉄所兼小菅造船所所長、立神新ドック開削主任となる 石川島重工業
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
2月8日 横須賀製鉄所第1ドック完成 一般事項
4月9日 平野富二、長崎造船所辞任 石川島重工業
4月9日 長崎・横須賀両製鉄所を造船所、横浜製鉄所を製作所と改称 一般事項
PAGE TOP