(株)日立製作所『日立製作所史. 5』(2010.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正5年(1916) - 【渋沢栄一】第一銀行の頭取等を辞め実業界を引退。日米関係委員会が発足・常務委員。理化学研究所創立委員長。〔76歳〕【竜門社】青淵先生の喜寿祝賀会開催し、記念品として林泰輔編『論語年譜』を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
9月 工場法施行 社外事項
大正6年(1917) - 【渋沢栄一】日米協会創立・名誉副会長。〔77歳〕 渋沢関係略年譜
11月 逓信省納め 350,000V試験変圧器を完成 社内事項
11月 ロシアに十月革命ぼっ発 社外事項
大正7年(1918) - 【渋沢栄一】渋沢栄一著『徳川慶喜公伝』(竜門社)刊行。〔78歳〕 渋沢関係略年譜
3月 「日立評論」を創刊 社内事項
3月 銅線工場を創設し、各種電線類の製造を開始 社内事項
8月 米騒動起こる 社外事項
10月 久原鉱業(株)佃島製作所を合併して亀戸工場と称し、従来の工場を日立工場と改称、同時に本拠を東京に移転 社内事項
大正8年(1919) - 【渋沢栄一】アメリカ合衆国政府より日米船鉄交換争議の仲裁人を委嘱される。協調会創立・副会長。〔79歳〕 渋沢関係略年譜
2月 八幡に九州販売所を設置(1921年福岡に移転) 社内事項
6月 ベルサイユ講和条約調印 社外事項
11月 日立工場火災、大物工場ほかを焼失(損害約100万円) 社内事項
大正9年(1920) - 【渋沢栄一】国際聯盟協会創立・会長。日華実業協会創立、会長。子爵を授けられる。〔80歳〕【竜門社】青淵先生八十寿及び子爵へ陞爵の祝賀会を開催し、記念として青淵文庫を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
1月 名古屋に出張所を設置 社内事項
1月 国際連盟成立 社外事項
2月 久原鉱業(株)から独立し、資本金1,000万円の株式会社日立製作所となり、小平浪平 専務取締役に就任 社内事項
大正10年(1921) - 【渋沢栄一】排日問題善後策を講ずるため渡米。ハーディング大統領と会見。〔81歳〕【渋沢敬三】東京帝大経済学部卒業。横浜正金銀行へ入行。 渋沢関係略年譜
2月 日本汽船(株)から笠戸造船所を譲り受け笠戸工場と称し、機関車・電車を製造 社内事項
11月 ワシントン軍縮会議開催 社外事項
大正11年(1922) - 【渋沢栄一】小畑久五郎翻訳、栄一序文『アンドルー・カーネギー自伝』冨山房より刊行。日仏協会会頭。〔82歳〕【渋沢敬三】横浜正金銀行ロンドン支店転任。 渋沢関係略年譜
10月 鬼怒川水力電気(株)竹の沢発電所納め 4,444kVA交流発電機2台を完成 社内事項
大正12年(1923) - 【渋沢栄一】日本無線電信株式会社創立委員。大震災善後会創立・副会長、帝都復興審議会委員。〔83歳〕 渋沢関係略年譜
9月 関東大震災復興用の電気機械を修理製造し、大量生産の実をあげる 社内事項
9月 関東大震災 社外事項
大正13年(1924) - 【渋沢栄一】日仏会館開館・理事長。東京女学館・館長。〔84歳〕【竜門社】財団法人竜門社となる。 渋沢関係略年譜
4月 ED15形59t電気機関車3両を完成(大形の国産第1号機) 社内事項
7月 メートル法実施 社外事項
PAGE TOP