松下精工(株)『風と空気をつくる : 松下精工30年のあゆみ』(1986.07)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治42年(1909) - 【渋沢栄一】多くの企業・団体の役員を辞任。渡米実業団を組織し団長として渡米。タフト大統領と会見。〔69歳〕【竜門社】組織を変更し、社則を改正。青淵先生の道徳経済合一説を広め実践する団体に性格を変える。 渋沢関係略年譜
3月 度量衡法制定 創立前//社会の動き
4月 特許法商標法等公布 創立前//社会の動き
7月 川北電気企業社創業(創業者:川北栄夫、大阪市西区阿波座中通1丁目=現在の東区渡辺町)、資本金20万円 創立前//当社事項
7月 久原鉱業所日立鉱山の修理工場設立(現在の日立製作所の前身) 創立前//関連事項
10月 伊藤博文暗殺される 創立前//社会の動き
明治44年(1911) - 【渋沢栄一】日露協会評議員。維新史料編纂会委員。財団法人済生会設立、顧問・評議員。勲一等に叙し瑞宝章を授与される。〔71歳〕 渋沢関係略年譜
3月 工場法公布 創立前//社会の動き
3月 電気事業法公布(10月1日施行) 創立前//社会の動き
11月 電気工場を設立(大阪市南区難波芦原町) 創立前//当社事項
明治45年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
1月 中華民国成立 創立前//社会の動き
5月 扇風機タイフーン型をドイツのシーメンス社より購入し発売 創立前//当社事項
7月 ストックホルムオリンピックに日本初参加 創立前//社会の動き
1912年 - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
7月 明治天皇崩御、「大正」と改元 創立前//社会の動き
12月 小型変圧器の製造に着手 創立前//当社事項
大正2年(1913) - 【渋沢栄一】伯剌西爾拓植株式会社創立準備委員。日本結核予防協会創立・副会頭(後に会頭)。中国興業株式会社(後の中日実業)創立、相談役。日本実業協会創立・会長。帝国飛行協会成立、評議員。〔73歳〕 渋沢関係略年譜
1月 技術委員会発足 創立前//当社事項
3月 小型モートル製造開始(シーメンス型) 創立前//当社事項
4月 川北電気企業社を株式組織とする(大阪市北区堂島浜通1-63に本店を置き、資本金100万円とする) 創立前//当社事項
5月 国産初の交流12インチ扇風機(タイフーン型)量産開始 創立前//当社事項
6月 東京支店開設(その後、全国30カ所余りに支店を設置) 創立前//当社事項
8月 孫文日本に亡命 創立前//社会の動き
大正3年(1914) - 【渋沢栄一】東北九州災害救済会創立、副総裁。合資会社国際通信社設立、相談役。日中経済界の提携のため中国訪問。財団法人国産奨励会設立準備委員総代、顧問。〔74歳〕 渋沢関係略年譜
1月 シーメンス事件問題化する 創立前//社会の動き
PAGE TOP