(株)小糸製作所『小糸製作所50年史』(1968.04)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正5年(1916) - 【渋沢栄一】第一銀行の頭取等を辞め実業界を引退。日米関係委員会が発足・常務委員。理化学研究所創立委員長。〔76歳〕【竜門社】青淵先生の喜寿祝賀会開催し、記念品として林泰輔編『論語年譜』を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
9月9日 工場法施行令公布 [一般]
11月3日 裕仁親王、立太子礼挙行 [一般]
大正6年(1917) - 【渋沢栄一】日米協会創立・名誉副会長。〔77歳〕 渋沢関係略年譜
1月15日 小糸源六郎商店、船舶用デッキ・ガラス、船灯用ガラス、ゲージ・ガラス、フェルト類、鉄道用品類、電気部品類の販売を開始 [社内]
9月12日 金輸出禁止 [一般]
11月7日 ロシア革命、ソ連政府樹立 [一般]
大正7年(1918) - 【渋沢栄一】渋沢栄一著『徳川慶喜公伝』(竜門社)刊行。〔78歳〕 渋沢関係略年譜
4月1日 熱海線丹那トンネル起工 [一般]
8月3日 富山県下に米騒動起こり全国に波及 [一般]
11月11日 連合軍、対独休戦条約調印 [一般]
大正8年(1919) - 【渋沢栄一】アメリカ合衆国政府より日米船鉄交換争議の仲裁人を委嘱される。協調会創立・副会長。〔79歳〕 渋沢関係略年譜
3月1日 東京駅―万世橋間電車運転開始 東京乗合自動車(青バス)営業開始 [一般]
6月28日 ベルサイユ条約調印 [一般]
8月20日 東京―下関間に3等急行新設 [一般]
11月20日 東京市京橋区月島西河岸通に、小糸源六郎商店月島工場を開設 鉄道院制定の鉄道信号灯、標識灯類の製造開始 [社内]
大正9年(1920) - 【渋沢栄一】国際聯盟協会創立・会長。日華実業協会創立、会長。子爵を授けられる。〔80歳〕【竜門社】青淵先生八十寿及び子爵へ陞爵の祝賀会を開催し、記念として青淵文庫を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
1月27日 国際連盟、正式成立 [一般]
3月 小糸源六郎商店、販売体制を強化するため朝鮮、青島、大連、北海道に代理店を、台湾九州に特約店を設置 [社内]
5月15日 鉄道省指定工場として月島工場、認可さる [社内]
5月15日 鉄道省官制公布(鉄道院廃止)初代鉄道大臣に元田肇就任 [一般]
10月1日 第1回国勢調査を実施、全国総人口5,596万人 [一般]
10月15日 第1次大戦後の恐慌全世界を襲う 日本経済にも大恐慌起こり、株式市場大暴落を続ける [一般]
大正10年(1921) - 【渋沢栄一】排日問題善後策を講ずるため渡米。ハーディング大統領と会見。〔81歳〕【渋沢敬三】東京帝大経済学部卒業。横浜正金銀行へ入行。 渋沢関係略年譜
5月11日 信越線、横川―軽井沢間の列車に電気機関車使用 [一般]
10月4日 原敬首相、東京駅頭で刺殺さる [一般]
PAGE TOP