(株)小糸製作所『小糸製作所50年史』(1968.04)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正10年(1921) - 【渋沢栄一】排日問題善後策を講ずるため渡米。ハーディング大統領と会見。〔81歳〕【渋沢敬三】東京帝大経済学部卒業。横浜正金銀行へ入行。 渋沢関係略年譜
10月14日 鉄道博物館開館にともない、鉄道信号灯、標識灯類を出品展示 [社内]
10月14日 鉄道50周年祝典挙行、鉄道博物館開館 [一般]
大正11年(1922) - 【渋沢栄一】小畑久五郎翻訳、栄一序文『アンドルー・カーネギー自伝』冨山房より刊行。日仏協会会頭。〔82歳〕【渋沢敬三】横浜正金銀行ロンドン支店転任。 渋沢関係略年譜
4月 株式一斉に暴落、不況漫性化する [一般]
8月18日 上越線清水トンネル着工 [一般]
8月20日 小糸源六郎商店、清水トンネル用工事材料を納入開始 [社内]
10月13日 新橋―横浜間開通の10月14日を鉄道記念日と定める [一般]
大正12年(1923) - 【渋沢栄一】日本無線電信株式会社創立委員。大震災善後会創立・副会長、帝都復興審議会委員。〔83歳〕 渋沢関係略年譜
9月1日 関東大震災のため、京橋の小糸源六郎商店事務所、住居、月島工場等を全焼 [社内]
9月1日 関東大震災 [一般]
9月2日 第2次・山本権兵衛内閣成立 [一般]
9月27日 震災手形補償法公布 [一般]
12月 東京市京橋区鈴木町6番地に仮事務所落成 [社内]
大正13年(1924) - 【渋沢栄一】日仏会館開館・理事長。東京女学館・館長。〔84歳〕【竜門社】財団法人竜門社となる。 渋沢関係略年譜
1月18日 東京市電気局、乗合自動車営業を開始、円太郎バスと俗称さる [一般]
3月20日 東京石川島造船所のウズレー車、軍用保護自動車検定に合格 [一般]
4月10日 東京府荏原郡大崎居木橋に工場を開設し、鉄道信号灯、標識灯類の製造を再開 [社内]
4月28日 小糸源六郎、鉄道用乗降場灯を考案し、実用新案特許を申請(大正14年6月22日、第87615号にて登録)第1号特許となる [社内]
12月 東京駅にて初めて色灯式信号機の使用開始 [一般]
大正14年(1925) - 【渋沢栄一】製鉄鋼調査会委員。史籍協会評議員。浅草寺臨時営繕局顧問。〔85歳〕【渋沢敬三】横浜正金銀行退職。 渋沢関係略年譜
1月 丹那トンネル工事用電気機関車に、初めて反射鏡使用の電球式前照灯採用さる [社内]
3月25日 熱海線、国府津起点で熱海まで開通 [一般]
3月 目蒲電鉄(現在の東急)新鋼製電車に、小糸源六郎考案の排気孔付天井灯、初めて採用さる 同時に反射鏡式前照灯も採用さる [社内]
4月26日 東京山手線、複々線開通、新宿駅落成式挙行 [一般]
PAGE TOP