日本光学工業(株)『50年の歩み』(1967.10)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正6年(1917) - 【渋沢栄一】日米協会創立・名誉副会長。〔77歳〕 渋沢関係略年譜
7月25日 東京市麹町区八重洲町1丁目中央亭にて発起人総会を開き次の決議をした。日本光学工業株式会社創立 資本金200万円、本店東京市小石川区原町120東京計器製作所内、和田嘉衡取締役就任(1944.11.15退任)、同日取締役社長就任(1918.6.3まで)、曽根増吉取締役就任(1926.11.30まで)、同日専務取締役就任(1926.7.3退任)、丸田秀実取締役就任(1922.1.20退任)、今井重吉取締役就任(1926.11.30退任)、木下重松監査役就任(1919.11.29退任) 日本光学のうごき
8月14日 当社設立の登記完了 日本光学のうごき
8月16日 東京計器製作所工場の一部を買収し、機械その他諸設備を引継ぎ営業開始 日本光学のうごき
8月23日 岩城硝子製作所工場の一部を買収し、機械その他諸設備を引継ぎ営業開始 新工場建設のため東京府荏原郡大井町に用地を買収 日本光学のうごき
9月12日 金輸出禁止 社会のうごき
9月25日 伊東久米蔵取締役就任(1920.7.14退任)、磯崎道二監査役就任(1927.5.31退任) 日本光学のうごき
9月 (下旬)上記買収地に木造鋸形平家工場の建設に着手 日本光学のうごき
11月7日 ロシアに10月革命おこる 社会のうごき
12月13日 東京市芝区三田豊岡町2 合資会社藤井レンズ製造所と同社工場全部を買収し、営業一切の譲渡契約を締結 日本光学のうごき
12月17日 合併の目的にて藤井レンズ製作所をもって東京光学工業株式会社(資本金100万円)を設立 日本光学のうごき
大正7年(1918) - 【渋沢栄一】渋沢栄一著『徳川慶喜公伝』(竜門社)刊行。〔78歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 藤井レンズ製造所の引継ぎを終り東京支店として営業開始 日本光学のうごき
2月1日 小石川区原町120の本店を荏原郡大井町5447に移転 大井第1工場竣工し、東京計器製作所工場内にあった当社の諸設備、諸機械を大井に移転 日本光学のうごき
4月 (中旬)大井第2工場竣工し、岩城硝子製造所内にあった当社の諸機械、諸設備を大井に移転 日本光学のうごき
4月 (下旬)光学硝子の自給自足のため、第2工場に試験炉の築造に着手 日本光学のうごき
5月1日 東京光学工業株式会社を合併 資本金300万円に増資 日本光学のうごき
6月3日 武田秀雄取締役就任(1933.12.14退任)、同日取締役会長就任(1926.7.3まで)、山本長方取締役就任(1920.11.29退任)、藤井竜蔵取締役就任(1945.11.15退任)、藤井光蔵取締役就任(1942.12.17退任) 日本光学のうごき
8月3日 米騒動富山県下におこり、全国に拡大 社会のうごき
11月11日 ドイツ降伏 第1次世界戦争終る 社会のうごき
大正8年(1919) - 【渋沢栄一】アメリカ合衆国政府より日米船鉄交換争議の仲裁人を委嘱される。協調会創立・副会長。〔79歳〕 渋沢関係略年譜
6月28日 ベルサイユ講和条約調印 社会のうごき
7月20日 取締役藤井竜蔵は、光学工業視察とドイツ人技師招聘のため独国に出張 日本光学のうごき
PAGE TOP