日商(株)『日商四十年の歩み』(1968.09)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治10年(1877) - 【渋沢栄一】択善会創立(後に東京銀行集会所・会長)。王子西ヶ原に別荘を建てはじめる。〔37歳〕 渋沢関係略年譜
- 明治十年頃、初代鈴木岩次郎神戸で独立かね辰・鈴木商店」を開業。 鈴木商店・日商関係主要事項
明治19年(1886) - 【渋沢栄一】「竜門社」創立。東京電灯会社開業(後に委員)。〔46歳〕【竜門社】竜門社が東京・深川福住町の青淵先生邸内に創立する。機関誌『竜門雑誌』創刊号を刊行。 渋沢関係略年譜
- 金子直吉、神戸市栄町四丁目鈴木商店に雇わる。 鈴木商店・日商関係主要事項
明治27年(1894) - 【渋沢栄一】東京瓦斯株式会社取締役会長。東京海上保険株式会社取締役。北越鉄道株式会社創立発起人。札幌麦酒株式会社取締役会長。〔54歳〕 渋沢関係略年譜
6月15日 鈴木商店主人初代鈴木岩治郎死亡。 鈴木商店・日商関係主要事項
8月1日 日清戦争勃発(一八九五年3・30休戦)。 一般事項
明治30年(1897) - 【渋沢栄一】澁澤倉庫部開業(後に澁澤倉庫会社・発起人)。十勝開墾合資会社業務担当社員。広島水力電気株式会社創立、取締役会長。渋沢家洲崎養魚場開設 〔57歳〕 渋沢関係略年譜
4月1日 台湾銀行法公布。 一般事項
明治35年(1902) - 【渋沢栄一】合名会社中井商店顧問。清韓協会設立・幹事長。京仁鉄道合資会社取締役社長。兼子夫人同伴で欧米視察。ルーズベルト大統領と会見。〔62歳〕 渋沢関係略年譜
1月30日 日英同盟協約調印。 一般事項
11月 鈴木商店改組し、資本金五十万円で合名会社鈴木商店として発足。 鈴木商店・日商関係主要事項
明治36年(1903) - 【渋沢栄一】東宮御慶事奉祝会副会長・会計監督。インフルエンザ罹患、喘息を併発。京釜鉄道株式会社理事。〔63歳〕 渋沢関係略年譜
8月22日 東京市電開業。 一般事項
- 鈴木商店、大里製糖所を創立。また、小林製鋼所(神戸製鋼所の前身)に投資。 鈴木商店・日商関係主要事項
- この年、米ライト兄弟飛行機を発明。 一般事項
明治37年(1904) - 【渋沢栄一】風邪をこじらせ長期に静養。韓国興業株式会社設立、監督。〔64歳〕 渋沢関係略年譜
2月4日 日露戦争勃発。 一般事項
明治38年(1905) - 【渋沢栄一】韓国皇帝より勲一等太極章。移転した養育院感化部井之頭学校と改称、開校式。〔65歳〕 渋沢関係略年譜
9月5日 日露講和条約調印。 一般事項
9月 小林製鋼所を買収、神戸製鋼所と改称。 鈴木商店・日商関係主要事項
明治42年(1909) - 【渋沢栄一】多くの企業・団体の役員を辞任。渡米実業団を組織し団長として渡米。タフト大統領と会見。〔69歳〕【竜門社】組織を変更し、社則を改正。青淵先生の道徳経済合一説を広め実践する団体に性格を変える。 渋沢関係略年譜
10月26日 伊藤博文、ハルビンで暗殺さる。 一般事項
10月 三井家組織を変更、三井合名、東神倉庫を設立、三井銀行、三井物産を株式会社に改組。 一般事項
- 高畑誠一、鈴木商店に入社。大里製糖所を大日本製糖に六五〇万円で売却。東工業(株)、大日本塩業(株)、合同油脂(株)、(株)日本商業会社等創立。 鈴木商店・日商関係主要事項
明治43年(1910) - 【渋沢栄一】政府諮問機関の生産調査会創立・副会長。社団法人東京銀行集会所会長。〔70歳〕【竜門社】青淵先生の七十寿祝賀会を開催する。 渋沢関係略年譜
8月22日 韓国併合に関する日韓条約調印。 一般事項
- 北港製糖(株)、再製樟脳(株)を創立。 鈴木商店・日商関係主要事項
- 株式会社神戸製鋼所(資本金一五〇万円)を分離独立させる。 鈴木商店・日商関係主要事項
明治44年(1911) - 【渋沢栄一】日露協会評議員。維新史料編纂会委員。財団法人済生会設立、顧問・評議員。勲一等に叙し瑞宝章を授与される。〔71歳〕 渋沢関係略年譜
1月18日 大逆事件判決。 一般事項
PAGE TOP