丸紅(株)『丸紅前史』(1977.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
天保3年(1832) 12月8日 6代伊藤長兵衛、滋賀県犬上郡豊郷村字八目に5代長兵衛の長男として出生 幼名 万治郎 当社関係(長兵衛)
- 天保の大飢饉始まる 一般事項
天保13年(1842) 7月2日 初代伊藤忠兵衛、同地[滋賀県犬上郡豊郷村字八目]において5代長兵衛の次男として出生 幼名 栄吉 当社関係(忠兵衛)
7月24日 清国、香港を英国に割譲(南京条約) 一般事項
嘉永6年(1853) 6月3日 ペルリ艦隊浦賀に来航 一般事項
- 栄吉、兄万治郎に従い近村へ行商 時に12才 当社関係(忠兵衛)
安政5年(1858) - 【渋沢栄一】従妹ちよ(尾高惇忠の妹)と結婚。〔18歳〕 渋沢関係略年譜
4月 大坂木綿商仲間規約制定 一般事項
5月 忠兵衛17才の時、家業から独立し叔父成宮武兵衛の指導で、伏見・大坂を経て泉州・紀州まで初めて麻布の持下りを行なう 純益7両、この年を当社創業の年とする 当社関係(忠兵衛)
6月19日 日米修好通商条約・貿易章程調印(つづいて蘭・露・英・仏と調印) 一般事項
10月 安政の大獄 一般事項
10月 福沢諭吉、蘭学塾を開く(慶応義塾の前身) 一般事項
安政6年(1859) 1月13日 幕府、長崎・箱館・神奈川開港につき、同地へ出稼ぎ・移住・自由売買の許可布告 一般事項
5月28日 幕府、6月より上記3港[長崎・箱館・神奈川]で露・英・仏・蘭・米5カ国との自由貿易の許可布告 一般事項
5月 成宮武兵衛に従って、岡山・広島・馬関(下関)を経て長崎まで、麻布・美濃縞・美濃結城などを持ち下る 純益30両 当社関係(忠兵衛)
万延元年(1860) 3月3日 井伊大老、桜田門外で暗殺 一般事項
3月19日 五品(雑穀・水油・ろう・呉服・生糸)江戸廻送令布告 一般事項
5月 独力で麻布800反を仕入れ、売子2人をつれて長崎へ持ち下る 当社関係(忠兵衛)
9月 卸売経験のため麻布のほか美濃縞・美濃結城を大量に仕入れ、豊前・筑前に持ち下る以来春秋年2回の持下りを例とする 当社関係(忠兵衛)
9月 新規の持下り業者を結集して“小倉会議”という講を結成 当社関係(忠兵衛)
文久元年(1861) - 【渋沢栄一】春、江戸に出て、海保漁村塾・千葉栄次郎道場に学ぶ。〔21歳〕 渋沢関係略年譜
3月3日 米国で南北戦争始まる 一般事項
PAGE TOP