(株)大垣共立銀行『地域とともに歩んで : 大垣共立銀行九十年史』(1986.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正9年(1920) - 【渋沢栄一】国際聯盟協会創立・会長。日華実業協会創立、会長。子爵を授けられる。〔80歳〕【竜門社】青淵先生八十寿及び子爵へ陞爵の祝賀会を開催し、記念として青淵文庫を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
8月2日 銀行条例改正
10月16日 行員退職規定出来る 当行事項
12月15日 取締役会で神戸興業銀行買収を決めたが、後日大橋銀行へ譲る 当行事項
12月15日 安田善次郎顧問となる 当行事項
大正10年(1921) - 【渋沢栄一】排日問題善後策を講ずるため渡米。ハーディング大統領と会見。〔81歳〕【渋沢敬三】東京帝大経済学部卒業。横浜正金銀行へ入行。 渋沢関係略年譜
4月1日 養老銀行を買収 当行事項
9月28日 大磯の別邸で安田善次郎刺殺される 当行事項
大正11年(1922) - 【渋沢栄一】小畑久五郎翻訳、栄一序文『アンドルー・カーネギー自伝』冨山房より刊行。日仏協会会頭。〔82歳〕【渋沢敬三】横浜正金銀行ロンドン支店転任。 渋沢関係略年譜
6月1日 揖斐川電気と養老鉄道合併
7月25日 安田善兵衛頭取に就任 当行事項
9月1日 社内報第一号発行 当行事項
大正12年(1923) - 【渋沢栄一】日本無線電信株式会社創立委員。大震災善後会創立・副会長、帝都復興審議会委員。〔83歳〕 渋沢関係略年譜
2月24日 給与規定ほか諸規定出来る 当行事項
6月4日 農産銀行合併の契約書締結 当行事項
7月25日 安田系11行を吸合、安田銀行と改称
8月31日 加納支店(揖斐郡川合村)を廃止 当行事項
9月1日 関東大震災発生
9月7日 支払猶予令(モラトリアム)公布施行
12月21日 農産銀行を買収。大曽根、勝川、清水、岩倉各支店を継承 当行事項
大正13年(1924) - 【渋沢栄一】日仏会館開館・理事長。東京女学館・館長。〔84歳〕【竜門社】財団法人竜門社となる。 渋沢関係略年譜
4月23日 郭町三丁目に新本店を建築 当行事項
大正14年(1925) - 【渋沢栄一】製鉄鋼調査会委員。史籍協会評議員。浅草寺臨時営繕局顧問。〔85歳〕【渋沢敬三】横浜正金銀行退職。 渋沢関係略年譜
3月 東京放送局試験放送開始
大正15年(1926) - 【渋沢栄一】日本太平洋問題調査会創立・評議員会長。日本放送協会創立・顧問。〔86歳〕【渋沢敬三】澁澤倉庫取締役に就任。第一銀行取締役に就任。東京貯蓄銀行取締役に就任。 渋沢関係略年譜
4月1日 共営銀行を買収。船町、桑名、長浜各支店を継承 当行事項
12月25日 大正天皇崩御
PAGE TOP