(社)大阪銀行協会『大阪銀行協会史』(1967.11)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
5月15日 太政官札(金札)発行。 関連事項
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
2月12日 造幣局設置(金銀座廃止)。 関連事項
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
5月10日 新貨条例布告(金本位制採用)。 関連事項
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
11月5日 国立銀行条例発布。 関連事項
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
7月20日 第一国立銀行開業 関連事項
明治9年(1876) - 【渋沢栄一】東京府瓦斯局事務長。東京養育院院長。〔36歳〕 渋沢関係略年譜
3月31日 三井銀行創立(銀行を称える私立銀行の嚆矢)。 関連事項
明治10年(1877) - 【渋沢栄一】択善会創立(後に東京銀行集会所・会長)。王子西ヶ原に別荘を建てはじめる。〔37歳〕 渋沢関係略年譜
2月15日 西南戦争勃発。 関連事項
明治11年(1878) - 【渋沢栄一】東京商法会議所創立・会頭(後に東京商業会議所・会頭)。〔38歳〕 渋沢関係略年譜
6月9日 大阪同盟銀行第1回会合。 集会所・交換所関係
9月 大阪商法会議所設立。 関連事項
明治12年(1879) - 【渋沢栄一】東京海上保険会社創立。グラント将軍(元第18代米国大統領)歓迎会(東京接待委員長)。〔39歳〕 渋沢関係略年譜
8月 銀行苦楽部設置(東区大川町)。 集会所・交換所関係
12月1日 大坂交換所設置(同上[東区大川町]、11月28日允許、本店10行、支店6行加盟)。 集会所・交換所関係
12月 百五十三国立銀行設立、以後国立銀行の設立を禁止。 関連事項
明治13年(1880) - 【渋沢栄一】博愛社創立・社員(後に日本赤十字社・常議員)。〔40歳〕 渋沢関係略年譜
9月1日 東京銀行集会所設立。 関連事項
明治14年(1881) - 【渋沢栄一】ハワイ国皇帝ディヴィド・カラカウァ飛鳥山訪問 〔41歳〕 渋沢関係略年譜
5月 銀行苦楽部を改め大阪同盟銀行集会所設置(東区伏見町、交換所を併設)。 集会所・交換所関係
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
6月27日 日本銀行条例公布。 関連事項
10月10日 日本銀行開業(初代総裁吉原重俊)。 関連事項
12月15日 同行[日本銀行]大阪支店開設。 関連事項
明治16年(1883) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社工場落成・発起人(後に相談役)。伊藤かねと再婚。〔43歳〕 渋沢関係略年譜
5月5日 国立銀行条例改正(営業期間を20年とし、その後は私立銀行としてのみ継続を許す)。 関連事項
明治17年(1884) - 【渋沢栄一】東京商業学校(前、商法講習所)校務商議委員。磐城炭礦社設立・会長日本鉄道会社理事委員(後に取締役)。〔44歳〕 渋沢関係略年譜
7月1日 兌換銀行券条例施行。 関連事項
10月1日 日銀当座振替による交換尻決済制を採用、交換室も同行大阪支店内に移す。 集会所・交換所関係
PAGE TOP