京都銀行協会『銀行 : 源流と進展 : 百周年記念誌』(1981.11)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
1月17日 新政府、京都の三井・島田・小野に金穀を予備し、不時に供需方諭示。 一般
1月17日 新政府、会計事務課(大蔵省の前身)設置(二月会計事務局と改称)。 一般
2月3日 新政府、三井・島田・小野組を会計局付御為換方に任命。 一般
4月25日 会計官の下に商法司を京都に設置(両替町通御池上ルの御為替十人組会所を商法司会所とした)。 一般
4月29日 京都裁判所(もと市中取締役所)を京都府と改称、長谷信篤を知事に任ず。 一般
5月15日 新政府、新紙幣(太政官札)五種四、八〇〇万両発行。 一般
10月1日 会計官を京都府庁内に移転。 一般
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
2月12日 新政府、新貨鋳造を決定し、太政官に造幣局を設置(金銀座廃止)。 一般
3月7日 天皇再度東京に向われる。三月二八日東京御着。 一般
3月15日 商法司廃止、通商司が勧商事務を継承。 一般
4月7日 府に勧業方を設ける。 一般
7月22日 通商司、西京為替会社を設立。 一般
9月8日 西京為替会社、銭券四種発行。 一般
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
6月29日 西京為替会社の銭券発行停止。 一般
7月 西京為替会社発行の為替手形を回収棄却。 一般
11月 府、舎密《せいみ》局仮局を河原町二条下ルに設置し、殖産興業をはかる。 一般
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
2月10日 府勧業場を河原町二条下ル一之船入町旧長州藩邸に設け、勧業事務に当る。 一般
5月10日 政府、金銀貨幣令制定、新貨鋳造の上、旧貨と交換の旨布告。新貨条令公布、一両を一円と改称(金本位制採用)。 一般
7月 通商司廃止。 一般
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
1月22日 冥加金停止。 一般
PAGE TOP