京都銀行協会『銀行 : 源流と進展 : 百周年記念誌』(1981.11)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
10月9日 京都商工会議所設立認可。 一般
10月10日 日本銀行営業開始。 一般
12月11日 為替手形、約束手形条例制定。 一般
12月15日 日本銀行大阪支店開設。 一般
明治16年(1883) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社工場落成・発起人(後に相談役)。伊藤かねと再婚。〔43歳〕 渋沢関係略年譜
5月5日 国立銀行条例改正(各国立銀行発行紙幣の消却を命令、営業期間を免許後二〇年とし、その後私立銀行としてのみ継続を許可す)。 一般
明治17年(1884) - 【渋沢栄一】東京商業学校(前、商法講習所)校務商議委員。磐城炭礦社設立・会長日本鉄道会社理事委員(後に取締役)。〔44歳〕 渋沢関係略年譜
3月22日 為替切符を送金手形と改称。 一般
5月26日 兌換銀行券条例制定、七月一日施行。 一般
6月30日 大蔵省為替方廃止。 一般
10月1日 大阪手形交換所、日銀当座振替による交換尻決済制を採用、交換室を日銀大阪支店内に移す。 一般
10月28日 会計年度を改正(明治一九年以降毎年四月一日から起算) 一般
- (この年)○松方デフレ政策により不況。 一般
明治18年(1885) - 【渋沢栄一】ジャパン・ブリュワリー・コンパニー・リミテッド設立(後に理事)。日本郵船会社創立(後に取締役)。東京瓦斯会社創立(創立委員長、後に取締役会長)。〔45歳〕 渋沢関係略年譜
5月9日 兌換銀行券発行開始(わが国最初の兌換券発行)。 一般
6月5日 京都府、二条城から現在地に庁舎を移転。 一般
6月 大阪手形交換所、交換室を日銀から同盟銀行集会所内に復帰移転。決済方法も日銀当座振替をやめて以前の方法に戻す。 一般
11月 京都商工会議所、烏丸通夷川下ルに移転。 一般
12月25日 丹後縮緬業組合設立認可。 一般
- 京都同盟銀行中、営業休止又は、他銀行との合併等があり、手形交換を一時休止す。 協会関係
- (この年)○紙幣整理による不況深刻。 一般
明治19年(1886) - 【渋沢栄一】「竜門社」創立。東京電灯会社開業(後に委員)。〔46歳〕【竜門社】竜門社が東京・深川福住町の青淵先生邸内に創立する。機関誌『竜門雑誌』創刊号を刊行。 渋沢関係略年譜
1月4日 日銀、不換紙幣を銀貨に兌換開始。 一般
2月 神戸同盟銀行集会所設立。 一般
PAGE TOP