(株)十六銀行『十六銀行百年史』(1978.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
慶応4年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
4月25日 笠松県設置 参考事項
5月23日 飛騨県設置 参考事項
6月2日 飛騨県を高山県と改める 参考事項
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
9月8日 明治と改元 参考事項
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
6月17日 版籍奉還 参考事項
7月8日 会計官廃止、大蔵省が設けられる 参考事項
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
9月18日 美濃地方暴風により1700戸全壊 参考事項
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
5月10日 新貨条例布告(金本位制、円銭厘制) 参考事項
7月14日 廃藩置県 美濃は9県(ほかに3県飛地)となる 参考事項
11月20日 高山県廃止、飛騨3郡は筑摩県に併合 参考事項
11月22日 美濃の諸県を廃して岐阜県が設置され、長谷部恕連初代県令に就任 参考事項
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
2月14日 高山町大火(721戸全焼) 参考事項
2月16日 筑摩県高山出張所設置 参考事項
6月 県は生糸製造取締方法を定め、生糸改方、生糸取締方をおく 参考事項
11月15日 国立銀行条例公布 参考事項
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
3月30日 金札引換公債証書発行条例布告 参考事項
3月 岐阜県庁、笠松から厚見郡今泉村に移転 参考事項
3月 岐阜郵便局開設 参考事項
7月20日 第一国立銀行設立 参考事項
7月28日 地租改正条例布告(物納を廃止し金納とする) 参考事項
PAGE TOP