(株)大和銀行『大和銀行50年史』(1969.05)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正7年(1918) - 【渋沢栄一】渋沢栄一著『徳川慶喜公伝』(竜門社)刊行。〔78歳〕 渋沢関係略年譜
5月11日 当行設立内認可 当行 大阪野村銀行時代
5月15日 発起人会を開き、定款の作成ならびに株式引受に関する事項を決議し、行名を株式会社大阪野村銀行と称することに決定//発起人 野村徳七・野村実三郎・野村元五郎・柴山鷲雄・橋本喜作・三島奈良次郎・小沢福三郎 当行 大阪野村銀行時代
5月17日 創立総会を開き、当行を大阪市東区本町2丁目40番地に設立を決議し、役員を選出//取締役頭取に野村元五郎を、取締役に野村徳七・柴山鷲雄を、監査役に野村実三郎・橋本喜作を選任 当行 大阪野村銀行時代
5月21日 大蔵省、普通銀行・貯蓄銀行の別なく人口10万以上の都市における新設銀行の許可限度を従来の資本金100万円より200万円に引上げる旨地方長官あて通牒 一般政治経済
6月1日 野村総本店設置 当行 大阪野村銀行時代
6月20日 当行営業認可ならびに担保附社債信託法による信託事業兼営免許 当行 大阪野村銀行時代
6月25日 設立登記完了(設立月日5月15日、資本金1千万円、全額払込済) 当行 大阪野村銀行時代
7月10日 片岡音吾を取締役に選任 当行 大阪野村銀行時代
7月26日 大阪銀行集会所組合および大阪手形交換所組合に加入 当行 大阪野村銀行時代
7月27日 取締役片岡音吾を支配人に選任 当行 大阪野村銀行時代
7月 米価大乱騰、各地取引所立会停止 一般政治経済
8月1日 開業 当行 大阪野村銀行時代
8月5日 米騒動富山県下に起り、全国に波及 一般政治経済
9月16日 日本銀行公定歩合引上げ(商業手形割引歩合2厘引上げ、1銭6厘) 一般政治経済
9月29日 原内閣成立 一般政治経済
11月11日 連合国、対独休戦条約調印、世界大戦終結による反動で染料・銑鉄・運賃等大暴落 一般政治経済
11月25日 日本銀行公定歩合引上げ(商業手形割引歩合2厘引上げ、1銭8厘) 一般政治経済
12月11日 預金利子協定に加盟(甲種) 当行 大阪野村銀行時代
12月 制裁規定を有する本格的な預金利子協定、6大都市の銀行間で締結(定期預金利率年6分)以後各地に波及 一般政治経済
大正8年(1919) - 【渋沢栄一】アメリカ合衆国政府より日米船鉄交換争議の仲裁人を委嘱される。協調会創立・副会長。〔79歳〕 渋沢関係略年譜
1月26日 監査役野村実三郎死去 当行 大阪野村銀行時代
PAGE TOP