(株)日本勧業銀行『日本勧業銀行史追録 : 創立70周年から合併まで』(1976.07)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
昭和35年(1960) - 【渋沢敬三】熊本大学における第15回日本人類学会・日本民族学協会連合大会に出席して発病、東京大学医学部附属病院に入院、療養。 渋沢関係略年譜
8月4日 医療金融公庫代理貸付取扱い開始。
10月20日 営業店職務権限規程施行。
11月1日 海外旅行預金取扱い開始。
12月14日 碑文谷会館落成。
昭和36年(1961) - 【渋沢敬三】角川書店より『犬歩当棒録 : 祭魚洞雑録第三』刊行。 渋沢関係略年譜
1月14日 本店機構の大改革により、総合管理部門として企画部の強化、管理部・事務部の設置等行われる。
2月1日 チェィン預金取扱い開始。
4月1日 住宅プラン、パブリックローン取扱い開始。
6月 第1次長期経営計画策定。
7月10日 大阪支店、淀屋橋勧銀ビルに移転。
8月1日 勧銀年金預金取扱い開始。
9月13日 大蔵省、小型支店制度創設。
10月1日 パーソナルチェック取扱い開始。
11月29日 堀頭取、会長に就任・中村一策副頭取、頭取に就任。
昭和37年(1962) - 【竜門社】寄託中の日本実業史博物館準備室旧蔵資料を文部省史料館に寄贈する。  渋沢関係略年譜
2月2日 IBM1401型電子計算機稼働開始。
3月 バンクカラー制定。
5月1日 本部職務権限規程施行。
8月16日 本店新館落成。
昭和38年(1963) - 【渋沢敬三】昭和37年度「朝日賞」文化賞受賞、贈呈式に出席。10/25死去。その直前に勲一等瑞宝章を授与さる。 渋沢関係略年譜
4月8日 大蔵省、銀行行政の「自由化」通達を発す。
6月1日 給与体系を改訂し、職能給制度導入。
8月10日 モーターローン取扱い開始。
PAGE TOP