(株)日本興業銀行『日本興業銀行百年史』(2002.01)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治33年(1900) - 【渋沢栄一】京釜鉄道株式会社創立委員長。日本興業銀行設立委員。黒須銀行相談役。〔60歳〕【竜門社】青淵先生の還暦祝賀として『青淵先生六十年史 一名近世実業発達史』を刊行、青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
12月25日 第九銀行支払停止 金融・証券・経済・その他
12月 九州一円に金融恐慌勃発、福岡・下関から東京・横浜に波及(1901.4を頂点とする恐慌の導火線) 金融・証券・経済・その他
明治34年(1901) - 【渋沢栄一】大阪瓦斯会社監査役。日本女子大学校開校・会計監督(後に校長)。東京・飛鳥山邸を本邸とする。京釜鉄道株式会社取締役、後に取締役会長。茨城採炭株式会社創立、相談役。〔61歳〕 渋沢関係略年譜
1月 台湾製糖(株)設立 金融・証券・経済・その他
4月 大阪一組合銀行の支払停止から恐慌勃発 金融・証券・経済・その他
6月2日 第1次桂内閣成立 金融・証券・経済・その他
9月 政府、各地の恐慌にてらして小銀行の取締強化、制限を行う 金融・証券・経済・その他
11月25日 添田寿一、設立委員に任命 当行関係
12月4日 委員互選によって添田寿一、委員長となる 当行関係
12月11日 大蔵省、当行設立を認可 当行関係
12月23日 株式募集公告 当行関係
12月 設立委員会、定款改正を議了、認可おりる 当行関係
12月 添田設立委員長、当行法改正意見書を大蔵大臣に提出(第14条但書削除ならびに増資等を含むもの) 当行関係
明治35年(1902) - 【渋沢栄一】合名会社中井商店顧問。清韓協会設立・幹事長。京仁鉄道合資会社取締役社長。兼子夫人同伴で欧米視察。ルーズベルト大統領と会見。〔62歳〕 渋沢関係略年譜
1月30日 日英同盟条約調印(2.11公布) 金融・証券・経済・その他
1月 添田委員長、第2回当行法改正意見書提出 当行関係
2月1日 株式申込開始、即日締切の盛況 当行関係
2月7日 日本興業銀行法中改正法律案、銀行課長から大臣へ提出 当行関係
3月10日 株式払込事務完了(香港上海銀行、株主募集の事務を取り扱う) 当行関係
3月27日 創立総会開催 当行関係
3月27日 初代総裁添田寿一就任 当行関係
3月27日 資本金1,000万円(うち払込額250万円) 当行関係
PAGE TOP