味の素(株)『味の素沿革史』(1951.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正9年(1920) - 【渋沢栄一】国際聯盟協会創立・会長。日華実業協会創立、会長。子爵を授けられる。〔80歳〕【竜門社】青淵先生八十寿及び子爵へ陞爵の祝賀会を開催し、記念として青淵文庫を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
2月26日 塚口慶三郎取締役を辞任す
3月1日 アルミニューム製食卓容器入り味の素を発売す
3月15日 世界大戦後の財界恐慌来り本社も亦相当の打撃を蒙る
3月19日 満鉄消費組合へ味の素を売り込む
4月 味の素発売十周年記念のため取引先に金品を贈呈し、又報酬券附特売を催す
5月20日 硝子製振出式新食卓容器入り味の素を発売す
6月 ニューヨーク出張所を同州法に基く弐十万弗の会社組織とし鈴木商店と称す
11月22日 鈴木社長勅定の紺綬褒章を拜受す
12月 社員に十周年記念特別賞与を給す
- (晩春)東京市内三千の味の素販売店々員を川崎工場に招待す
- この年より澱粉粉砕作業にロールを用う、次いで三階建の澱粉工場を造る(川崎工場)
大正10年(1921) - 【渋沢栄一】排日問題善後策を講ずるため渡米。ハーディング大統領と会見。〔81歳〕【渋沢敬三】東京帝大経済学部卒業。横浜正金銀行へ入行。 渋沢関係略年譜
2月22日 先代松下善四郎氏(味の素関西代理店松下商店主)逝去す
5月1日 静岡県志太郡藤枝町伊藤与市方に藤枝出張所を開設す
5月 合資会社鈴木商店の資本金を百七拾万円に増加す
5月 生魚に味の素の溶液を注射して味を良くする事、水産試験所より発表せらる
12月 見本瓶により小学校生徒を通じて味の素を宣伝する「小学校宣伝」を開始す
- この年より岐阜の川原、笠松の大野、大阪の日本澱粉会社等の澱粉工場へ澱粉の精製を受け負わす
大正11年(1922) - 【渋沢栄一】小畑久五郎翻訳、栄一序文『アンドルー・カーネギー自伝』冨山房より刊行。日仏協会会頭。〔82歳〕【渋沢敬三】横浜正金銀行ロンドン支店転任。 渋沢関係略年譜
1月1日 函番号券に基きて抽籖券を発行し、年一回の抽籖により販売店に報酬金を贈呈する制度を始む
1月 脱脂大豆使用の工業的設備の建設に着手す(川崎工場)
3月 高等女学校卒業生に対し卒業期に味の素の宣伝を為すことを始む
PAGE TOP