(株)富士銀行『富士銀行の百年』(1980.11)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
天保9年(1838) 10月9日 安田善次郎、富山に生れる 当行関係事項
嘉永6年(1853) 6月3日 米国東インド艦隊(黒船)浦賀に来航 一般事項
元治元年(1864) - 【渋沢栄一】一橋慶喜に仕える。篤太夫と改名。〔24歳〕 渋沢関係略年譜
3月2日 善次郎、江戸人形町通り乗物町に両替兼乾物商「安田屋」を開業 当行関係事項
8月5日 英米仏蘭連合艦隊下関を砲撃 一般事項
慶応2年(1866) - 【渋沢栄一】徳川慶喜、征夷大将軍となり、栄一は幕臣となる。〔26歳〕 渋沢関係略年譜
1月21日 薩長連合成立 一般事項
4月14日 安田屋は小舟町に移転、両替専業「安田商店」と改称 当行関係事項
慶応3年(1867) - 【渋沢栄一】徳川昭武に従ってフランスへ出立(パリ万博使節団)。〔27歳〕 渋沢関係略年譜
10月14日 徳川慶喜将軍、大政を奉還 一般事項
- この年、幕府から古金賢集めを命ぜられる 当行関係事項
慶応4年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
4月19日 新政府、金札(太政官札)発行を布告 一般事項
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
5月18日 新政府、国内を統一(戊辰戦争おわる) 一般事項
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
- 仙台藩会計御用達となる 当行関係事項
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
5月10日 一両は一円となる(新貨条例制定) 一般事項
7月14日 廃藩置県 一般事項
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
11月15日 国立銀行条例制定 一般事項
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
7月20日 第一国立銀行開業 一般事項
明治7年(1874) - 【渋沢栄一】東京府知事より共有金取締を嘱託される。〔34歳〕 渋沢関係略年譜
10月18日 司法省為替方となる 当行関係事項
10月22日 大蔵省、官金預金の抵当増額を定める(こののち小野・島田両組あいついで破産) 一般事項
明治8年(1875) - 【渋沢栄一】第一国立銀行頭取。商法講習所創立。東京会議所会頭。〔35歳〕 渋沢関係略年譜
10月29日 栃木県為替方となる 当行関係事項
明治9年(1876) - 【渋沢栄一】東京府瓦斯局事務長。東京養育院院長。〔36歳〕 渋沢関係略年譜
7月1日 三井銀行開業(最初の私立銀行) 一般事項
8月1日 国立銀行券の正貨兌換廃止(国立銀行条例改正) 一般事項
PAGE TOP