(株)武州銀行『武州銀行史』(1988.04)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治45年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 蚕糸業法公布により蚕業取締所を設置 県内経済社会情勢
1月1日 清国、中華民国と改号 国際情勢
2月 越生商業銀行、壬子銀行と改称 県下金融機関
大正元年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
7月30日 明治天皇崩御、大正と改元 国内情勢
9月 名豊銀行、鴻巣へ移転、鴻巣銀行と改称 県下金融機関
12月21日 第三次桂太郎内閣成立 国内情勢
大正2年(1913) - 【渋沢栄一】伯剌西爾拓植株式会社創立準備委員。日本結核予防協会創立・副会頭(後に会頭)。中国興業株式会社(後の中日実業)創立、相談役。日本実業協会創立・会長。帝国飛行協会成立、評議員。〔73歳〕 渋沢関係略年譜
2月20日 第一次山本権兵衛内閣成立 国内情勢
6月1日 添田敬一郎知事就任 県内経済社会情勢
8月1日 東海道本線、全線複線化工事完成 国内情勢
8月2日 川越渡辺銀行設立 県下金融機関
8月26日 豪雨襲来、荒川、都幾川、市の川、入間川等氾濫し被害大(~27日) 県内経済社会情勢
10月6日 哀世凱、中華民国大統領に就任(日・英・独・仏など13ヵ国、同国を承認) 国際情勢
10月 埼玉銀行会設立 県下金融機関
12月23日 米国、連邦準備法公布 国際情勢
12月 日本の人口52,911,800となる 国内情勢
大正3年(1914) - 【渋沢栄一】東北九州災害救済会創立、副総裁。合資会社国際通信社設立、相談役。日中経済界の提携のため中国訪問。財団法人国産奨励会設立準備委員総代、顧問。〔74歳〕 渋沢関係略年譜
4月16日 第二次大隈重信内閣成立 国内情勢
4月16日 大阪市、北浜銀行に取付け発生、これを契機に各地に銀行取付け続発 国内情勢
5月1日 東武東上線(池袋~川越)開通 県内経済社会情勢
6月9日 昌谷彰知事就任 県内経済社会情勢
6月28日 オーストリア皇太子暗殺される(サラエボ事件) 国際情勢
PAGE TOP