(株)三井銀行『三井銀行五十年史』(1926.09)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治29年(1896) - 【渋沢栄一】日本精糖会社創立・取締役。東京興信所創立、評議員。東京銀行集会所会長。東京印刷株式会社設立・相談役。東洋汽船株式会社創業、監査役。東京建物株式会社創立発起人。第一国立銀行が営業満期により第一銀行となる。引続き頭取。汽車製造合資会社設立・創立委員(後に監査役)。北越石油株式会社創業・相談役。日本勧業銀行設立委員。〔56歳〕【渋沢敬三】父・渋沢篤二、母・敦子の長男として都内深川に生まる。 渋沢関係略年譜
4月 金融母店制採用東京大阪及名古屋三ヶ店ヲ金融母店トシ所属子店金融ヲ調理ス
9月 理事西邑虎四郎同益田孝辞任
10月 東京日本橋区駿河町本店営業所新築起工
12月 足利支店設置//営業店数二十三
明治30年(1897) - 【渋沢栄一】澁澤倉庫部開業(後に澁澤倉庫会社・発起人)。十勝開墾合資会社業務担当社員。広島水力電気株式会社創立、取締役会長。渋沢家洲崎養魚場開設 〔57歳〕 渋沢関係略年譜
2月 厘位廃止実施
3月 名古屋支店所属津島出張所広島支店所属呉出張所閉鎖
4月 駿河町本店営業所新築中仮営業所ヲ日本橋区新右衛門町十五、十六、十七番地ニ移転
6月 手代雇傭丁ノ名称並ニ等級ヲ廃シ一般ニ使用人ト称ス//大阪支店所属堂島両替店閉鎖
7月 本行徴章ヲ〓に改ム//全店員数五百四十名
8月 行員身元保証金規則改定//使用人恩給内規制定
11月 波多野承五郎理事ニ就任
12月 四日市支店所属桑名出張所閉鎖//営業店数二十
明治31年(1898) - 【渋沢栄一】浅野セメント合資会社監査役。韓国視察、韓国皇帝に謁見。王子製紙株式会社取締役会長を辞す(後に相談役)〔58歳〕 渋沢関係略年譜
2月 本店ニ為替係設置
3月 全店員数五百五十七名
7月 出張所ヲ廃シ支店ト改称、松阪横須賀深川及三池各出張所ヲ支店トス
8月 銀行業務取調ノ為メ池田成彬、米山梅吉、丹幸馬欧米出張//職務章程改定本店ニ「本部」及「営業部」ヲ置キ本部ニ総長一名専務理事一名理事若干名ヲ置キ秘書調査両係之ニ隷シ営業部及各支店ニ取引係小口当座預金係出納係計算係庶務係ヲ置ク
11月24日 合名会社三井銀行契約ヲ改定資本金ヲ五百万円ニ増額存立期間明治二十六年ヨリ満五十ヶ年社員十一名ニ増員三井八郎右衛門三井元之助三井源右衛門三井高保三井八郎次郎三井三郎助三井復太郎三井守之助三井武之助三井養之助三井得右衛門//総長ヲ社長ト改メ新ニ監査役二名ヲ置ク//職務章程廃止営業規則ヲ制定シ本店営業部ニ地所係ヲ新設ス//営業店数東京外二十
11月 赤間関支店所属門司出張所設置
12月 三井武之助、三井養之助監査役ニ就任
明治32年(1899) - 【渋沢栄一】衆議院議員選挙法改正規制同盟会会長。福田会名誉顧問。大蔵省より北海道拓殖銀行設立委員に任命。京仁鉄道合資会社設立、取締役社長。銀行倶楽部委員 〔59歳〕 渋沢関係略年譜
2月 役員改選全員重任
PAGE TOP