(株)三井銀行『三井銀行五十年史』(1926.09)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正4年(1915) - 【渋沢栄一】帝国蚕糸株式会社相談役。渋沢同族株式会社設立、社長は敬三。パナマ運河開通博覧会のため渡米。ウイルソン大統領と会見。〔75歳〕【渋沢敬三】渋沢同族株式会社設立、同社長就任。 渋沢関係略年譜
11月 全店員数四百二十六名
12月 社長三井高尚保男爵ヲ授ケラル//大津支店閉鎖同店営業所用地所建物現状ノ儘大津市へ寄附//営業店数十四
大正5年(1916) - 【渋沢栄一】第一銀行の頭取等を辞め実業界を引退。日米関係委員会が発足・常務委員。理化学研究所創立委員長。〔76歳〕【竜門社】青淵先生の喜寿祝賀会開催し、記念品として林泰輔編『論語年譜』を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
1月 監査役一名改選三井得右衛門就任
4月 監査役一名改選林健就仕
6月 門司支店所属下関出張所設置//深川支店所属箱崎派出所ヲ出張所ニ改ム
7月 監査役改選全員重任
8月 全店員数四百六十名
9月 取締役渡辺専次郎死去
11月 内地旅行信用証券発行廃止
12月 営業店数十五
大正6年(1917) - 【渋沢栄一】日米協会創立・名誉副会長。〔77歳〕 渋沢関係略年譜
7月 使用人戦時特別手当金給与規程制定//重役改選全員重任
8月 全店員数四百八十九名
11月 上海支店設置
12月 営業店数十六
大正7年(1918) - 【渋沢栄一】渋沢栄一著『徳川慶喜公伝』(竜門社)刊行。〔78歳〕 渋沢関係略年譜
1月 重役改選取締役一名増員同二名及監査役一名改選、取締役ニ福井菊三郎、菊本直次郎間島弟彦監査役ニ金塚仙四郎就任、取締役菊本直次郎常務締役ニ就任
2月 大阪支店所属中之島出張所設置
4月 門司支店所属下関出張所ヲ支店ニ改ム//営業規則改定監理課ヲ調査課調査役ヲ検査役ト改ム//横浜大阪神戸三支店ニ外国係設置
5月 全店員数五百十五名
7月 監査役改選全員重任
8月 若松出張所設置
PAGE TOP