東京建物(株)『信頼を未来へ : 東京建物百年史』(1998.01)

"渋沢栄一"の索引語が書かれている目次項目はハイライトされています。

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

表示切替
目次項目 ページ
口絵 巻頭
発刊のご挨拶 代表取締役社長 南敬介 NP
序論 安田善次郎と不動産業 明治大学教授 由井常彦 p2
第1節 安田善次郎の出身と安田屋両替店 p2
第2節 安田商店から安田銀行の経営 p6
第3節 安田善次郎と不動産取引 p10
第4節 東京建物株式会社の創立 p15
第1部 近代的不動産業の嚆矢として p26
第1章 東京建物株式会社の創立と海外事業の展開(明治29年~大正9年) p26
第1節 会社設立と開業当初の事業活動 p26
第2節 海外事業の展開 p40
第3節 海外拠点の拡充強化 p47
第2章 恐慌から戦時体制へ(大正10年~昭和20年) p54
第1節 震災からの復興と本社ビルの新築 p54
第2節 市街化の進展と分譲業務への進出 p65
第3節 統制下の事業活動 p70
第4節 海外支店・出張所の活躍 p82
第5節 戦時体制への対応 p106
第2部 総合不動産会社への歩み p120
第1章 戦後混乱期の収拾と再建の歩み(昭和20年~昭和31年) p120
第1節 事業基盤の喪失と戦後措置への対応 p120
第2節 混迷の中での業績回復 p130
第3節 不動産業務への専念を決断 p146
第2章 「総合不動産会社」への方針の確立(昭和32年~41年) p162
第1節 事業の4本柱設定と内部体制づくり p162
第2節 ビル事業の積極展開と事業基盤の整備 p165
第3節 宅地造成・分譲業務への進出 p176
第4節 仲介・鑑定業務の活況 p181
第5節 経営近代化をめざした組織体制の整備 p185
第6節 財務・業績の推移 p190
第3章 不動産市場の成長と業容の拡大(昭和42年~53年) p194
第1節 住宅需要の急伸に対応した経営計画の策定 p194
第2節 マンション分譲を中心にした住宅事業への積極進出 p201
第3節 高度成長下のビル事業の展開 p206
第4節 経営環境の激変と内部体制の充実 p211
第5節 新宿センタービル・プロジェクトの推進 p221
第6節 仲介・鑑定業務の新展開 p225
第7節 住宅市場の成熟化と商品開発の多様化 p229
第8節 財務・業績の推移 p234
第3部 新たなる飛躍をめざして p240
第1章 事業規模の拡大と大型プロジェクトの推進(昭和54年~平成元年) p240
第1節 新宿センタービルの開業と低成長経済下のビル事業 p240
第2節 住宅流通・販売部門の体制強化 p249
第3節 内部体制の充実と積極経営の展開 p256
第4節 総合力による差別化の推進とビル事業のエリア拡大 p266
第5節 大規模都市再開発事業の展開 p272
第6節 リゾート事業の展開 p274
第7節 財務・業績の推移 p278
第2章 付加価値創造型事業体質への転換(平成2年~8年) p282
第1節 バブル経済とその崩壊 p282
第2節 全天候型経営への転換を模索 p286
第3節 不況下のビル事業 p295
第4節 マンション分譲を中心とした住宅事業の展開 p300
第5節 積極化する再開発事業およびリゾート開発 p306
第6節 海外事業の展開 p310
第7節 財務・業績 p313
信頼を未来へ p315
後口絵―豊かな生活環境の創造 p316
資料編 p337
1. 定款 p337
2. 歴代代表者 p343
3. 現役員 p346
4. 役員任期一覧 p348
5. 現組織 p353
6. 財務諸表 p354
7. 資本金・発行株式数の推移 p390
8. 大株主 p391
9. 所有ビル一覧 p392
10. 分譲マンション一覧 p394
11. 分譲地・一戸建住宅一覧 p398
12. 土地有効活用関連業務実績一覧 p400
13. 従業員数・1人当り売上高の推移 p403
14. 関係会社 p404
年表 p405
索引 p437
参考文献 p445
あとがき p446
索引リスト
PAGE TOP