(株)帝国データバンク『情報の世紀 : 帝国データバンク創業百年史』(2000.06)

"浜口雄幸"の索引語が書かれている目次項目はハイライトされています。

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

表示切替
目次項目 ページ
口絵 巻頭
情報の惑星 巻頭
次代への創造 巻頭
ごあいさつ 取締役会長 後藤義夫 NP
発刊のことば 代表取締役社長 後藤信夫 NP
監修のことば 専修大学教授 麻島昭一 NP
序章 興信業の誕生 p5
第1節 欧米における興信所の創業 p5
第2節 日本における興信所の創業 p13
第1章 創業期の帝国興信所 p31
第1節 創業者と帝国興信社の誕生 p31
第2節 経営の危機とその克服 p46
第2章 発展への布石 p71
第1節 概説―事業基盤の整備と確立 p71
第2節 積極的な事業活動とその展開 p98
第3節 大震災を乗り越えて躍進 p113
第4節 長期不況下での健闘 p145
補論 日本魂社の活動 p171
第3章 戦火の下で p189
第1節 概説―準戦時期、戦時期の活動 p189
第2節 勇夫所長の事業展開 p207
第3節 海外への積極的進出 p218
第4節 戦時体制下での苦難 p234
第4章 近代化への試練 p255
第1節 概説―混乱と産みの苦しみ p255
第2節 戦後復興への努力 p277
第3節 戦後の事業体制の整備 p294
第4節 経営を揺るがせた労使紛争 p316
第5章 情報化への挑戦 p349
第1節 概説―押し寄せた新たなうねり p349
第2節 飛躍への原動力 p370
第3節 環境変化と当社の対策 p386
第4節 データバンク事業に進出 p398
第6章 総合情報サービス企業へ p441
第1節 概説―興信業からの脱却と中長期計画の策定 p441
第2節 事業の基盤整備と社会的評価の向上 p467
第3節 部門強化と事業領域の拡大 p481
終章 情報パートナーとして p501
第1節 現状―新時代の経営基盤を確立 p501
第2節 創業100周年記念事業および記念式典 p507
対談(後藤信夫社長 VS 麻島昭一博士) p521
21世紀と帝国データバンク p521
資料編 p551
1 理念 p551
2 経営・組織 p554
3 事業所・関連会社 p580
4 人事 p728
5 事業 p732
6 情報システム p752
7 財務 p754
8 広報 p778
9 史料 p789
年表 p905
索引 p946
協力者一覧 p959
あとがき p960
●コラム目次 NP
1 商人の、商人による、商人のための興信所 p11
2 商業道徳の興隆を説いた渋沢栄一 p24
3 後藤武夫の10代の青春 p34
4 学生運動のリーダー、後藤武夫 p36
5 桃中軒雲右衛門、頭山満との交流 p38
6 支所第1号を横浜に p50
7 困窮の全国行脚 p60
8 創業10周年の記念園遊会 p82
9 1918年竣工の本所社屋 p116
10 樺太での苦労話 p126
11 社員の服装や慰安行事 p141
12 武夫所長の銅像完成 p143
13 新富町社屋建設苦労話 p144
14 「全国金満家大番附」裏話 p161
15 東西で慰安行事 p163
16 特別貯金組合の設立 p164
17 創業30周年記念関連行事 p168
18 山本周五郎が日本魂社に勤務 p171
19 武夫所長の政治活動 p175
20 高輪義士会等への尽力 p176
21 武夫所長の青少年団等活動 p177
22 武夫所長の主張関連書籍 p178
23 後藤勇夫所長の略歴 p199
24 故所長を讃える行事 p208
25 難航した大分支所の開設―興信所に事務所は貸せない! p209
26 武夫所長の不満「大連は満洲ではない!」 p218
27 大連支所の当時と現在 p223
28 OB、青島時代を語る、「戦犯、あっ、あの時の...」 p224
29 海外事業所の思い出 p232
30 社内結婚は厳禁 p233
31 タイピストは「打字員」、タイプライターは「打字機」 p242
32 業績低迷時代の苦心談あれこれ p272
33 ある被災支所員の奮闘記 p277
34 金券の発行 p278
35 戦後インフレ下の給与辞令 p284
36 調査会員加盟料が一気に5倍の値上げ p297
37 戦後の女性調査員 p300
38 OBが語る調査員昔ばなし p301
39 『要録』の編纂に従事した漫画家富永一朗 p314
40 ロックアウト決断秘話 p329
41 ロックアウトの思い出 p343
42 青山今昔ものがたり p387
43 青山移転に反対論あり p388
44 青山本社新築落成披露祝賀会 p388
45 あらゆるケースを想定した己調番号一連化手順書 p408
46 初期の「データバンク」の受注 p416
47 新社名決定の密かな決断 p453
48 新しいシンボルマーク決定 p453
49 SAFETYサービスは当社では無理? p481
50 阪神・淡路大震災神戸支店、6日間で業務再開へ p495
[歴史に残る創業100周年記念式典]全国2500名の従業員が参加 p514
[社員・OBが選んだ10大ニュース]トップは「帝国データバンクに社名変更」 p518
●図表目次 NP
◇序章 p9
◇1章 p43
◇2章 p72
◇3章 p189
◇4章 p256
◇5章 p350
◇6章 p442
索引リスト
PAGE TOP