東レ(株)『東レ70年史 : 1926~96年』(1997.12)

"ASCOM社"の索引語が書かれている目次項目はハイライトされています。

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

表示切替
目次項目 ページ
発刊にあたって 会長 前田勝之助 NP
発刊のことば 社長 平井克彦 NP
序章 レーヨン工業の発展と東洋レーヨンの創立(~1926年) p3
第1節 レーヨン工業の黎明 p3
第2節 三井物産とレーヨン工業計画の推移 p12
第3節 会社設立と滋賀工場の建設・操業 p27
第1章 創業時代の経営(1926年~37年) p49
第1節 レーヨン工業の興隆と東洋レーヨンの積極経営 p49
第2節 工場の拡張と技術の改善・革新 p66
第3節 製品の販売と輸出・内需の拡大 p83
第4節 労務、教育訓練、組織・人事および業績 p96
第2章 戦時統制下のレーヨン事業(1937~45年) p111
第1節 戦時統制とレーヨン工業 p111
第2節 レーヨンの生産技術の発展と原料自給 p123
第3節 製品販売の変貌 p142
第4節 ナイロンの研究と工業化への準備 p149
第5節 企業設備と軍需生産 p156
第6節 資金調達と業績の推移 p164
第3章 ナイロン事業の興隆(1945~55年) p175
第1節 レーヨン工業の復興とナイロン p175
第2節 レーヨンの生産再開と販売の自立化 p184
第3節 ナイロンの生産開始と新市場開拓 p203
第4節 戦後復興期の転換事業 p227
第5節 研究開発 p232
第6節 生産管理と労務管理 p238
第7節 業績と資金調達 p248
第4章 総合合成繊維メーカーとしての成長(1955年~65年) p261
第1節 高度成長と合成繊維の躍進 p261
第2節 ナイロン事業の発展 p281
第3節 ポリエステル事業の開始と急成長 p300
第4節 新規繊維事業への進出とレーヨン糸事業の収束 p329
第5節 プラスチックの企業化 p349
第6節 研究開発体制の整備 p364
第7節 人事・労務管理施策の整備 p375
第8節 業績と財務 p391
第5章 合成繊維産業の成熟とプラスチック事業の展開(1965~73年) p415
第1節 合成繊維産業の成熟と経営戦略の新展開 p415
第2節 三大合成繊維事業の確立と原料遡及 p442
第3節 合成繊維販売体制の再編成 p479
第4節 高機能性指向のプラスチック事業 p517
第5節 研究開発体制の整備と新事業の推進 p538
第6節 労務施策の新展開 p555
第7節 業績と財務 p568
第6章 構造不況下の合成繊維事業と多角化戦略(1973~85年) p593
第1節 石油危機と高度成長の終焉 p593
第2節 合成繊維事業の構造改善 p614
第3節 プラスチック事業の展開 p674
第4節 原燃料政策の転換とケミカル事業の成長 p700
第5節 研究開発活動と新事業展開 p716
第6節 協調的労使関係の維持 p751
第7節 財務と業績 p765
第7章 経営革新の時代(1985~96年) p787
第1節 意識改革と経営革新 p787
第2節 繊維事業の競争力構築 p814
第3節 プラスチック事業・ケミカル事業の拡大 p838
第4節 戦略事業の積極展開と新規事業の育成 p865
第5節 グローバル戦略の展開 p897
第6節 連邦経営の推進 p923
第7節 生産体質の革新 p934
第8節 研究・技術開発体制の革新 p950
第9節 人事勤労施策の再構築 p976
第10節 財務と業績 p995
現況 p1003
索引 巻末
主要参考文献 巻末
編纂を終えて NP
索引リスト
PAGE TOP