(株)資生堂『資生堂宣伝史. 1』(1979.07)

"犬山達四郎"の索引語が書かれている目次項目はハイライトされています。

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

表示切替
目次項目 ページ
刊行に寄せて NP
1 福原信三と二十世紀の進行 明治5年―大正4年 p9
未熟な時代 p10
新しい時代 p10
銀座 p10
福原信三の生立ち p11
ニューヨークとパリ p13
銀座と資生堂 p15
資生堂の歩み p17
化粧品への指向 p19
二十世紀の幕あき p21
資生堂化粧品部 p23
2 資生堂意匠部と資生堂デザイン 大正5年―大正14年 p27
資生堂の発展と意匠部の充実 p27
資生堂デザインとアール・ヌーボー p29
資生堂化粧品部の役割 p31
メーカーと直売店の混在 p32
フランス語の商品名 p33
コールドクリーム p35
商標と花椿本舗 p35
梅・藤・月見草 p36
陳列場と情報提供 p39
唐草文様の登場 p40
豪華カタログ p41
美容科・美髪料・子供服科 p43
東京銀座 資生堂 p45
白の殿堂 p46
オヒサマと結髪実演会 p47
香水展 p48
異国情緒の店舗 p49
銀座の資生堂の顔 p50
レーベルと商標 p52
資生堂月報 p52
3 資生堂デザインの確立 大正15年―昭和10年 p59
意匠部の再建 p59
不況下の再建意匠部 p61
市況の好転と意匠部 p62
メーカーと直売店の分離 p65
ウインドーバックとポスター図案 p70
和文ロゴタイプの確立 p72
欧文ロゴタイプの確立 p74
資生堂化粧品店落成 p75
御大典奉祝記念 p77
不況下の宣伝活動 p79
商品意匠と女性像 p80
唐草文様とカリグラフ p81
宣伝手段の新たな展開 p82
機関誌再刊 p84
写真による広告制作 p86
4 資生堂意匠部の多彩な制作 昭和11年―昭和15年 p97
経営の拡大と意匠部 p97
並木通りの資生堂本社 p98
販売会社七十一社 p99
公定価格 p102
福原信三と意匠部員 p104
総天然色映画 p106
花椿 p108
つばきの花一輪と葉二枚 p109
資生堂チェインストア p110
コピー p111
店舗設計サービス p113
ブルーバード化粧品 p114
屋外標識看板 p114
工芸研究会 p115
5 イラストレーションにみる女性像 p127
6 唐草、その限りないバリエーション p153
7 資生堂意匠部の衰退 昭和16年―昭和20年 p167
太平洋戦争 p167
衰退の軌跡 p169
東京大空襲 p170
配給と経営 p171
決戦下の広告 p173
空襲下の高級香水 p175
8 資生堂宣伝部とその活動 昭和21年―昭和35年 p181
旧意匠部の再発足 p181
宣伝文化部 p183
主権の回復 p185
宣伝文化部の充実 p187
国際社会への道 p188
資生堂の存在 p191
資生堂ニュース p193
ゾートス化粧品 p196
戦後初期の表現 p197
特別整容講座 p198
戦後の唐草文様 p200
小売店向け機関誌 p201
花椿復刊 p202
美容体操 p205
ラジオ番組 p206
パールちゃんの集い p208
資生堂社史 p208
新しい時代の表現 p210
テレビ番組 p212
企業紹介映画 p213
花椿のグラビア化 p214
外装設計と媒体広告効果 p216
人名索引 巻末
索引リスト
PAGE TOP