サッポロビール(株)『サッポロビール120年史 : Since 1876』(1996.03)

カテゴリー 内容1 内容2 内容3 ページ
商標 開拓使船艦の五稜星。この星がビールづくり120年の星となった。 写真 巻頭
生産 光と水と風と。豊かな大地にビール麦は実りの時を迎える。夏、ビールの味がひときわ冴えるころに。 写真 巻頭
生産 夏の終わりに。ホップは可憐な花をむすぶ。毬花。ビールの命ともいわれる。 写真 巻頭
生産 大麦から麦芽へ。そして麦芽はサイロの中で眠る。やがてビールになるために。 写真 巻頭
製造工程 仕込み。麦芽は煮られ、ホップが加えられる。ビールになるまでの熱いとき。 写真 巻頭
製造工程 熟成を終えるとビールはびんや缶に詰められる。毎分1000本、1500缶の猛スピード。 写真 巻頭
営業 ひとびとは今日を語り、今日を忘れる。ビールは心の渇きをいやす天来の飲みもの。 写真 巻頭
沿革 サッポロビール幕開けのひとびと 写真、醸造技師 中川清兵衛、中川のベルリンビール醸造会社修業証書、開拓長官 黒田清隆、開拓使勧業課長 村橋久成、開拓使が雇用したアメリカ人たち。左からJ.クラーク,ケプロン,ウォーフィールド,アンチセル,エルドリッチ(北海道大学所蔵)、明治10年代の陶製ビールびんと輸入ビールびん、開拓使麦酒醸造所の開業式での記念写真、ビール樽に「麦とホップを製す連者(れば)ビイルとゆふ酒になる 開業式」と書かれているのが見える(北海道大学所蔵) p18
沿革 官営から民営へ 写真、大倉喜八郎、渋沢栄一、植村澄三郎、大倉組札幌麦酒醸造場(明治20年刊『札幌繁盛記』所収)、北海道庁から大倉組商会への引継書(明治19年)、マックス・ポールマンとドイツ新法ラガービール発売の新聞広告(明治21年8月17日付『函館新聞』)、製麦所に搬入されるビール大麦 p20
沿革 札幌の街とともに 写真、明治時代に用いられた看板、明治42年の札幌市街(北海道大学所蔵)、明治末の札幌。今井洋物店夏物・売出し風景(北海道大学所蔵)、明治27年9月、ポールマン帰国の際の記念写真、札幌麦酒醸造所の評判を伝える新聞記事(明治19年9月11日付『東京日々新聞』) p22
沿革 ビール王 馬越恭平と恵比寿ビール 写真、創業当時の日本麦酒醸造会社、明治34年2月に貨物積卸専用として開設された「恵比寿停車場」、明治35年竣工の沈澄池(のちの第1貯水池)、日本麦酒醸造会社の横を通る日本鉄道品川線(橋本鉄司氏所蔵) p128
沿革 ビール王 馬越恭平と恵比寿ビール 写真、恵比寿ビールの初荷風景、ビール出荷用道路の恵比寿橋(明治32年)、冷却用パイプを取り付けた発酵桶、製麦場の大麦発芽用トロンメル(明治28年)、丘の上に建つ醸造場(明治30年ごろ)、ビールの熱処理作業、ビールの箱詰作業 p130
沿革;営業 ビヤホールお目見え「一杯売仕候」 写真、恵比寿ビールのジョッキ、新橋方面から銀座通りを望む。右端に恵比寿ビヤホール(明治38年ごろ)、ビヤホールの人気を伝える新聞記事(明治32年9月4日付『中央新聞』)、恵比寿ビヤホールの内部、大きく社名を染めぬいた印半纏、目黒工場内の貯水池とビヤホール「開盛亭」(明治42年ごろ) p132
沿革;提携・合併 3社合同 大日本麦酒株式会社 写真、3社合同仮契約書と重役会決議書(明治39年)、大正14年稼働の名古屋工場、昭和8年,大日本麦酒と合併した日本麦酒鉱泉の東京工場(現・埼玉工場)、昭和18年,大日本麦酒と合併した桜麦酒の工場(現・九州工場)、目黒工場の発酵槽(昭和7年)、明治42年新発売のシトロン、大びん半ダース入りの贈答箱、札幌工場のビール殺菌槽と札貼機(昭和12年) p200
沿革;海外事業 アジアのビールへ 写真、海外向けの会社案内(昭和4年)、ブランド別ビール販売地域図(昭和11年ごろ)、ボンベイ向けハロルドブランド、上海向けライオンブランド、大正5年買収の青島ビール工場、カルカッタ向けガルボブランド、ジブチ向けスワンブランド、オランダ領南洋諸島向けふくろうブランド、ジャワ島スラバヤでのエビスビール宣伝風景(明治39年)、昭和9年竣工の朝鮮麦酒永登浦工場、昭和13年竣工のバリンタワク麦酒醸造の工場(マニラ) p202
沿革;販売 激化する国内ビール販売合戦 写真、特大びん移動販売車(昭和6年ごろ 函館市)、東京・浅草の松竹座前にビール100箱積上げ(昭和8年ごろ)、大正3年開店の札幌・狸小路の直営ビヤホール、直営ビヤホールの価格表、「晩酌にビール」(昭和5年刊『岡本一平全集』第13巻所収)、明治45年ごろの銀座通り。道路右側の小さな屋根二つの建物が大日本麦酒(株)(三枝進氏所蔵)、エビスビールを扱う福島県原ノ町の松永七之助商店(昭和4年)、大正10年ごろのエビスビールを楽しむ人々(新潟市内、一迫玲氏所蔵) p204
沿革;分割 二分された大日本 ビール戦後史始まる 写真、新生ニッポンビール、持株会社整理委員会の再編成決定指令、大日本麦酒の解散と日本麦酒,朝日麦酒両社の設立挨拶状、復活したリボンシトロンと新発売のリボンジュース,濃縮リボンジュース、トラックで出荷されるニッポンビール、昭和20年9月から進駐軍専用になった銀座ビヤホール(昭和26年6月30日 毎日新聞社提供)、札幌市の札幌ビール会皆勤賞の賞品ジョッキ、ビールを題材とした奥山儀八郎の版画 p332
沿革;広告宣伝 ビール高度成長期「サッポロ」の復活 写真、昭和34年8月に発売された缶入りサッポロビール、「ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキー」とうたった絵はがき(昭和33年)、昭和36年4月竣工の大阪工場、大阪工場竣工の新聞広告、「小田急納涼ビール電車」のポスター(昭和28年ごろ)、都市対抗野球で東京都代表として活躍(昭和34年 後楽園球場)、レコードになったビールの歌(ビールの王様,君の名はリボンジュース,トロリコ・シャン)、ビールの歌入選作,トロリコ・シャンの歌詞 p334
沿革;需給 ビールは庶民のもの 潤いを家庭へ 写真、谷内六郎が描いた「もしもビールがなかったら」、杉浦幸雄が描いた「ビールと世相」、家庭で飲まれはじめたビール、にぎわいをみせる数寄屋橋ニユー・トーキヨーの屋上ビヤガーデン(昭和34年10月11日 毎日新聞社提供)、女性客も多くなったライオンビヤホール(昭和29年1月10日号『アサヒグラフ』) p336
沿革;社名変更 社名変更 サッポロビール株式会社 写真、社名変更の新聞広告(昭和39年1月)、エビスビール復活(昭和46年)、エビスビール販売促進用の「金銀えびす」お守り、昭和41年開設の開拓使麦酒記念館、昭和41年開業のサッポロビール園、札幌第2工場竣工の新聞広告、昭和41年竣工の札幌第2工場、イギリスから輸入された「ギネススタウト」(昭和39年)、高濃度ビール「サッポロファイブスター」(昭和42年)、ビール風味飲料水「サッポロライト」(昭和44年) p452
沿革;経営 ビール安定成長期 多角化への動き 写真、昭和天皇・皇后両陛下,札幌第2工場をご視察(昭和43年)、冬季オリンピック札幌大会に協賛した商品(昭和47年)、昭和40年竣工の飲料水専門の厚木工場、宝酒造木崎麦酒工場を買収し,北関東工場として稼働(昭和43年)、昭和48年オープンの成城グリーンプラザ、100打席250ヤードのゴルフ練習場、12面でオープンしたクレー・テニスコート、昭和51年竣工のサッポロワイン勝沼ワイナリー、昭和46年竣工の仙台工場、新発売のサッポロワイン「ポレール」 p454
沿革;需給 生活にとけこむビール 写真、昭和48年ごろの当社ビールラインアップ//新たに登場したプラスチック箱によるビール出荷風景(昭和42年)//暮らしのなかに定着したビール(昭和48年)//銀座ビヤホール(昭和50年ごろ)//昭和45年発売のビール贈答券(昭和48年発行分)//缶ビール,缶飲料水の詰合わせセット p456
沿革;技術 技術革新 ビールの新しい展開 写真、昭和53年竣工の本社ビル(銀座,現・東京支社)、昭和55年竣工の静岡工場(屋外発酵・貯酒用ZKタンク群,コンピューター制御室)、ナショナルレストランショーに出店、国内向けポスターになったアメリカでのびん生の好評ぶり、アメリカ・ミラー社へのセラミックフィルターの技術供与、セラミックフィルター、アメリカで好評を博したサッポロカップ生 p550
沿革;製品 ビール容器もバラエティ 写真、昭和58年の当社ビールラインアップ、昭和59年竣工のサッポロワイン岡山ワイナリー、昭和58年のサッポロワイン「ポレール」ラインアップ、ビール専用の輸送トラック ウイング車、商品を美しく陳列した酒販店、昭和63年竣工の千葉工場のビール自動倉庫、ビールの各種おもしろ容器。生タンク(58年) ジョッキ&生(59年) 生たまご√2(60年) 生ロボ(60年) キャニスター(61年) 竹取物語(61年)、昭和58年ごろの当社飲料水ラインアップ p552
沿革;社会貢献 地域社会とサッポロビール 写真、「さわやかホリデー」(大阪工場)、「SAPPOROファミリーサンデー」(静岡工場)、「海と緑のチャリティーフェスティバル」(千葉工場)、サッポロビール博物館開館1周年記念展のポスター、全国各地の早起き野球大会を支援、全事業場でボランティアが行うビーチクリーンアップ運動、フィリピンの子供たちを支援するボランティア活動 p554
沿革;事業所 ビールづくりに新風 楽しい工場 写真、平成4年竣工の群馬工場タワー式製麦設備、製麦施設の一部,発芽設備、昭和63年竣工の海に面した千葉工場、屋外ZKタンク群、千葉工場のパームアベニュー、平成元年竣工の塀のない北海道工場、北海道工場恵みの庭の一部「光の庭」、石の彫刻の橋「音の道」、北海道工場前のJR「サッポロビール庭園駅」 p714
沿革;経営 複合経営に着手 写真、平成5年竣工の中国・新疆ウイグル自治区のホップ加工場、栽培中のアロマタイプのホップ、平成3年開業の北京市の天橋賓館(ホテル)、サッポロファクトリーのアトリウム公園 p716
沿革;事業所 複合都市 恵比寿ガーデンプレイス 写真、平成6年竣工の新本社ビル、空から見た恵比寿ガーデンプレイス、恵比寿ガーデンプレイスのオフィスタワーと時計広場 p718
広告宣伝 もうひとつのサッポロビール史 1876~1995 ラベル、ポスター、新聞広告、CMコピー p766
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1876-1905 麦とホップを製す連者ビイルとゆふ酒になる 写真、明治10年 ラベル、明治14年 ラベル、明治16年 ラベル、明治10年 新聞広告「開拓使麦酒払下」、明治34年 販売店店頭売出し風景、明治35年ごろ ポスター、明治35年ごろ ポスター、明治35年ごろ ポスター、明治32年 暦兼用ポスター、明治35年 新聞広告 p768
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1887-1905 学シャ 芸シャ 医シャ 役シャ 写真、明治25年 ラベル中心の新聞広告、明治34年 新聞広告 ビール券の前身「切手」の字が見える、明治時代をしのばせる薬屋の店頭(昭和3年新潟)、明治38年恵比寿ビヤホール 日露戦争戦勝記念風景、明治34年 暦兼用ポスター 絵柄は恵比寿橋付近初荷風景、明治33年 暦兼用ポスター、明治32年 ビヤホール開店チラシ p770
沿革;製品 HISTORY of ADVERTISEMENT 1887-1901 明治の地ビール 写真、布袋ビール(東京)、福禄ビール(東京)、天狗ビール(東京)、豊田ビール(東京)、憲法ビール(東京)、上野ビール(東京)、甲斐ビール(山梨)、日光ビール(栃木)、利根川ビール(東京)、ライオンビール(新潟)、滝沢ビール(群馬)、浪花ビール(大阪)、中谷ビール(神奈川)、富士ビール(京都)、九重ビール(京都)、布引ビール(兵庫)、キマルビール(兵庫)、富久ビール(徳島) p772
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1906-1948 愛国ノ士大イニ愛飲アランコトヲ希フ 写真、明治39年 ポスター、明治42年 新聞広告、明治42年 新聞広告 シトロン発売、明治43年ごろ ポスター、大正3年 ポスター、大正4年 新聞広告 リボンシトロンに改名、大正初期 飛行船による広告、大正13年 ポスター、大正14年 ポスター、明治40年 宣伝販売車第1号 p774
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1906-1948 品質第一 信用第一 生産第一 写真、昭和3年 新聞広告、昭和5年 ポスター、昭和7年 新聞広告、昭和7年 新聞広告、昭和8年 新聞広告、昭和11年 ビーヤ・アーベント(上野精養軒)、昭和13年 宣伝映画脚本、昭和13年 宣伝映画、昭和19年ごろのビール配給風景 イラスト杉浦幸雄、昭和18~19年 ビールラベル、昭和2年ごろ ポスター p776
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1906-1948 美女とビール 写真、ポスター、明治41年ごろ 作者不詳、明治42年ごろ 作者不詳 モデル 赤坂芸者「万竜」、明治41年 作者不詳、明治44年ごろ 作者不詳、明治45年ごろ 作者不詳、大正初期 作者不詳、大正初期 原画 池田焦園、大正5年ごろ 作者不詳、大正5年 原画 北野恒富、大正初期 作者不詳、大正7年 作者不詳、大正初期 作者不詳、昭和2年 作者不詳、昭和4年 原画 高木葆翠、昭和6年 原画 高木葆翠、昭和9年 原画 高木葆翠、昭和10年 作者不詳 p778
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1949-1956 ビールの王さま 写真、昭和29年 ポスター[1]、昭和30年 ポスター[2]、昭和26年 ポスター[3]、昭和29年 新聞掲載[4]、昭和25年提出 ネオンサイン銀座五丁目角、昭和26年 ポスター 関千恵子[5]、昭和31年 ポスター 北原三枝[6]、昭和25年 ポスター[7]、昭和28年 ポスター 鮫淵晴子[8]、昭和24年 商標復活第1号 p780
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1957-1963 ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキー 写真、昭和33年 ポスター[9]、昭和34年 缶発売ポスター[10]、昭和37年 ポスター リボンちゃん[11]、昭和32年 ポスター 牧ひろ子[12]、昭和33年 ポスター 司葉子[13]、昭和36年 ポスター 江波杏子[14]、昭和34年 有名人推薦シリーズポスター[15] 古今亭志ん生、長嶋茂雄、尾上松緑、昭和36年~37年 集団シリーズポスター[16] NHKテレビドラマ「バス通り裏」メンバー、ダークダックス、サッポロビール出身プロ野球選手 高橋栄一郎・城之内邦雄・北川芳男、昭和38年 ポスター 石原裕次郎[17]、昭和32年 サッポロビール復活第1号ラベル p782
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1963-1965 うまさもでっかいサッポロジャイアンツ 写真、昭和40年 ポスター[19]、昭和41年 ポスター[20]、昭和42年 ポスター[18]、昭和38年 新聞広告[21][22][23]、昭和40年 ポスター[24]、昭和40年 ポスター[25]、昭和41年 ポスター 緒形拳[26]、昭和40年 サッポロストライク、昭和38年 サッポロジャイアンツ p786
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1966-1969 サッポロビールは最初のうまさが持続する 写真、昭和41年 ポスター[27]、昭和41年 ポスター[28]、昭和41年 ポスター[29]、昭和41年 新聞広告[30]、昭和42年 ポスター[31]、昭和42年 ポスター[32] p788
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1970-1976 男は黙ってサッポロビール 写真、昭和45年 新聞広告 三船敏郎[33]、昭和42年 ポスター[34]、昭和44年 ポスター[35]、昭和47年 新聞広告[36]、昭和50年 新聞広告[37]、昭和50年 新聞広告[38] p790
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1971-1976 名品。いま、よみがえる。特製エビスビール 写真、昭和46年 ポスター[39]、昭和46年 ポスター[40]、昭和47年 ポスター[41]、昭和47年 新聞広告[42]、昭和47年 ポスター[43]、昭和47年 カートン p792
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1977-1980 生の本格派サッポロびん生 写真、昭和52年 ポスター[44]、昭和53年 新聞広告[45]、昭和54年 テレビCM[46]、昭和56年 テレビCM[47]、昭和55年 ポスター[48]、昭和54年 新聞広告[49]、昭和52年 ポスター[50] p794
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1980-1986 いろいろ容器・いろいろ中身 写真、昭和59年 新聞広告[51]、昭和57年 新聞広告[52]、昭和55年 ポスター[53]、昭和61年 ポスター[54]、昭和60年 ポスター[55]、昭和59年 発売「なま太郎」、59年 雑誌広告[56]、昭和60年 ポスター[57]、昭和61年 ポスター[58]、昭和62年 ポスター[59]、昭和61年 ポスター[60] p796
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1984-1989 世界がうまいと言い始めた 写真、昭和61年 ポスター[61]、昭和62年 テレビCM[62]、昭和62年 ポスター[63]、昭和61年 ポスター[64]、昭和63年 ポスター[65]、昭和63年 ポスター[66]、昭和63年 新聞広告[67] p798
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT 1989-1995 結局飲んでる黒ラベル 写真、平成元年 新聞広告[68]、平成3年 ポスター[69]、平成7年 ポスター[70]、平成4年 テレビCM[71]、平成6年 ポスター[72]、平成4年 テレビCM[73]、平成3年 テレビCM[74]、平成6年 ポスター[75]、平成元年 ポスター[76] p800
沿革;社会貢献 HISTORY of ADVERTISEMENT サッポロビールのイベント 写真、東京箱根間往復大学駅伝競走、よみうりサッポロビール オープンゴルフトーナメント、ニッポンチャレンジ・アメリカズカップ、「星の招待」(ポスター)、江ノ島納涼ロマンスカー(ポスター)、世界一流オペラ日本公演 ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル,タイアッププログラム、NHK交響楽団メンバーによる室内楽「サッポロビール音楽サロン」、サッポロビール文化講演会、ビヤホール名人会 p802
沿革;広告宣伝 HISTORY of ADVERTISEMENT ビールがまちをつくった 写真、平成6年 新聞広告[77]、昭和63年6月閉鎖直前の恵比寿工場、平成5年 新聞広告[78]、平成5年 新聞広告[79] p804
沿革;広告宣伝 CM登場のひとびと 昭和24年~平成7年 写真、氏名のリスト(年代順) p806
沿革;広告宣伝 制作者リスト(1949-1994) 1949~1994 (社史の掲載)ページ、No.、アートディレクター、デザイナー、フォトグラファー、コピーライター p808
経営理念 経営の基本理念-大日本麦酒(株) 昭和15年3月制定 社訓 p811
経営理念 経営の基本理念-サッポロビール(株) 平成元年9月制定、平成7年3月追加 経営理念、行動の指針、企業スローガン p811
沿革 沿革系統図 p812
定款 原始定款-日本麦酒醸造会社 明治20年制定 p814
定款 原始定款-大日本麦酒(株) 明治39年制定 p816
定款 原始定款-日本麦酒(株) 昭和24年7月25日制定 p818
定款 定款の主な変更 昭和26年8月15日~平成6年3月30日 p820
定款 現行定款 平成6年3月30日改正 p821
役員 役員在任期間一覧-大日本麦酒(株) 明治39年3月~昭和24年8月 グラフ p824
役員 役員在任期間一覧-日本麦酒(株)・サッポロビール(株) 昭和24年9月~平成7年3月 グラフ p826
組織 主な変遷 明治39年、大正6年、昭和18年 組織図、本社、支店、工場 p831
組織 昭和24年~平成7年の本社組織変遷図 昭和24年~平成7年 p834
組織 現行組織 平成7年6月現在 組織図 p838
組織 事業所の概要-事業場所在地一覧 平成7年6月現在 地図、事業所名(本社、支社、支店、工場、研究所) p840
組織 事業所の概要-支社の概要 平成6年12月現在 支社名、所在地、管轄地域、従業員数、支店(支店名、開設年月日、所在地) p842
組織 事業所の概要-工場の概要 平成6年12月現在 工場名、所在地、竣工年月日、敷地面積、建屋延面積、従業員数、製造品目、主な出荷地域 p844
組織 支社の沿革 明治39年3月~平成6年10月 図、発足、開設、呼称変更、昇格、移転、閉鎖、移管 p846
情報システム 主な変遷 昭和32年~平成7年 機種、部署名、システム、地区センタ・工場、その他 p848
情報システム 全社コンピュータ配置とネットワーク 平成7年6月現在 図、高速デジタル回線、一般専用回線 p850
財務・業績 大日本麦酒(株)の業績・資本金推移 明治39年上期~昭和24年下期 表、総収入金(うち売上高)、総支出金、利益金、配当率、公称資本金、払込資本金、株主数、従業員数(うち役員、相談役数) p852
財務・業績 日本麦酒(株)・サッポロビール(株)の業績推移 昭和24年~平成6年 表、売上高、経常利益、当期利益、配当率、資産総額、資本総額、株主数 p854
財務・業績 日本麦酒(株)・サッポロビール(株)の資本金推移 昭和24年9月~平成5年8月 表、増資年月日、資本金、発行する株式総数、発行済株式総数、摘要 p856
株式 大株主および株主分布状況-大株主 昭和24年、昭和30年、昭和40年、昭和50年、昭和60年、平成6年 表、株主名、株数、発行株数に対する割合 p857
株式 大株主および株主分布状況-所有者別株主分布 昭和30年、昭和40年、昭和50年、昭和60年、平成6年 表、株主数、株式数、割合 p857
株式 大株主および株主分布状況-所有株数別株主分布 昭和30年、昭和40年、昭和50年、昭和60年、平成6年 表、株主数、所有株式数、割合 p857
株式 株価の推移 昭和24年~平成6年 表、グラフ、最安値、最高値 p860
売上 主要商品別売上高の推移 昭和24年~平成6年 表、ビール、清涼飲料水、ワイン、ウイスキー・ブランデー・その他の酒類、その他(不動産収入等)、総売上高 p861
業界;税制 ビールに関する酒税法などの沿革 明治7年~平成6年 年月日、税法名称など、内容・その他、麦酒税法、酒税法 p862
業界;税制 ビール小売価格およびビールに対する課税額の変遷 明治8年2月~平成6年5月 表、価格変更年月日、大びん1本当り小売価格・税額・税率、変更要因その他 p863
業界;税制 国税と酒税、ビール税の割合 明治30年~平成6年 表、国税、酒税、ビール税、酒税/国税x100、ビール税/酒税x100 p866
業界;生産 ビール製造量の推移 明治9年~明治38年 表、日本麦酒(株)、札幌麦酒(株)、大阪麦酒(株)、麒麟麦酒(株)、4社合計、全国、製造量、前年比 p867
業界;生産 ビール製造量の推移 明治39年~昭和24年 表、大日本麦酒(株)、麒麟麦酒(株)、日本麦酒鉱泉(株)、桜麦酒(株)、日英醸造(株)、その他、全国 p868
業界;生産 ビール製造量の推移 昭和24年~平成6年 表、当社、全国、製造量、前年比 p869
製造工程 製造工程図-ビール 図、製麦工程、醸造工程、製品工程 p870
製造工程 製造工程図-清涼飲料水-リボンシトロン(缶詰) 図、原料調合工程、炭酸水製造工程、製品工程 p871
製造工程 製造工程図-清涼飲料水-リボンオレンジ(びん詰) 図、原料調合工程、製品工程 p871
施設 工場レイアウトの変遷-札幌工場 明治39年、昭和24年、昭和60年 p872
施設 工場レイアウトの変遷-目黒工場 明治39年(部分)、昭和22年 p875
施設 工場レイアウトの変遷-恵比寿工場 昭和60年 p877
技術;施設 技術・設備の変遷 明治4年~平成6年 p878
製品 商品発売年表-ビール 明治10年9月~平成7年7月 p882
製品 商品発売年表-清涼飲料水 明治42年6月~平成7年7月 p886
商品 商品発売年表-ワイン、洋酒その他 昭和46年11月~平成7年7月 p892
製品 現行商品一覧-ビール 平成7年7月現在 商品名、容器、容量 p902
製品 現行商品一覧-清涼飲料水 平成7年7月現在 商品名、容器、容量 p902
商品 現行商品一覧-ワイン 平成7年7月現在 商品名、容量 p904
製品 現行商品一覧-発泡酒、その他 平成7年7月現在 商品名、容量 p904
商品 現行商品一覧-輸入ワイン 平成7年7月現在 会社名、商品名、生産年、容量、フランスワイン、ドイツワイン、イタリアワイン、カリフォルニアワイン、オーストラリアワイン、スペインワイン、イギリスワイン p905
商品 現行商品一覧-輸入洋酒、その他 平成7年7月現在 会社名、商品名、容量、バーボンウイスキー、フレンチブランデー、コニャックブランデー、ウォッカ、ジン、発泡酒 p909
従業員 事業場別従業員数の推移 昭和24年~平成6年 表、本社、支社、工場、ホップ作業所、研究所等、出向、総計 p910
従業員;賃金 従業員数・賃金などの推移 昭和24年~平成6年 表、従業員数(男、女)、平均年齢、平均勤続年数、平均賃金、賞与、大卒初任給 p912
役員 役員数の推移 昭和24年~平成6年 表、取締役、監査役、相談役・顧問 p913
教育・研修 教育研修 平成6年 図、新職能資格、社員一人一人の成長機会を提供する教育研修、階層別、専門研修、自己啓発・風土づくり、各種マニュアル、人材育成づくり、啓発機会づくりへの方策、人事諸施策、経営職ディレクター、管理職ゼネラルマネージャー、上級総合職シニアマネージャー、総合職ジュニアマネージャー、新入社員 p914
福利厚生 福利厚生制度 図、財産形成、住宅取得、転勤、老後、相互扶助(不時の備え)、休暇、休職、余暇、退職 p916
福利厚生 寮、社宅 写真 p917
関係会社 関連会社-沿革 不動産部門、運輸部門、製造販売部門、外食部門、スポーツ・レジャー関連部門、その他、外国との提携事業・海外子会社、会社名、設立年月日、設立、商号変更、撤退・閉鎖・株式譲渡など関係解除 p918
関係会社 関連会社-現況 平成7年6月現在 不動産部門、運輸部門、製造販売部門、外食部門、スポーツ・レジャー関連部門、その他、外国との提携事業・海外子会社、会社名、英文社名、本店所在地、主な事業内容、代表取締役社長氏名 p919
参考文献 主要参考・引用文献 書籍一般、社史・年史、開拓史関係資料、日本麦酒酒醸造会社関係資料、市区町村史、伝記・評伝資料、新聞、雑誌 p1001
編集協力 ご協力いただいた方々 氏名、団体名 p1007
PAGE TOP