明治生命保険(相)『明治生命七十年史』(1955.07)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
10月10日 〔日本銀行開業〕
12月 神戸に大阪支店分局を設置(神戸栄町商議社内)
- この年 資本金十万円の内、四万円は前年中に領収し残額六万円は本年中に全部払込済となる
明治16年(1883) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社工場落成・発起人(後に相談役)。伊藤かねと再婚。〔43歳〕 渋沢関係略年譜
1月21日 本店移転(東京日本橋区南茅場町二〇)
1月28日 第二次株主総会、定款第二条の変更を決議、水野忠精取締に就任
明治17年(1884) - 【渋沢栄一】東京商業学校(前、商法講習所)校務商議委員。磐城炭礦社設立・会長日本鉄道会社理事委員(後に取締役)。〔44歳〕 渋沢関係略年譜
1月27日 第三次株主総会、取締外山修造辞任、森弥三郎取締に就任
5月26日 〔兌換銀行券条例公布、七月一日施行〕
6月30日 当分の間子女教育資の新契約停止
6月 生命保険統計表を東京府庁に提出
- この年〔不況その極に達し会社銀行の倒産続出〕
明治18年(1885) - 【渋沢栄一】ジャパン・ブリュワリー・コンパニー・リミテッド設立(後に理事)。日本郵船会社創立(後に取締役)。東京瓦斯会社創立(創立委員長、後に取締役会長)。〔45歳〕 渋沢関係略年譜
1月28日 第四次株主総会、定款第九条の変更その他を決議、取締中村道太・水野忠精・森弥三郎・杉本正徳・朝田又七、検査掛早矢仕有的辞任、浜野定四郎取締に、朝田又七検査掛に就任
2月5日 神戸分局を廃止し、大阪支店に事務引継
5月9日 〔日本銀行初めて兌換銀行券発行〕
5月25日 定款第九条の変更申請却下
7月9日 創業満四年に当り第一期営業上の損益精算
7月23日 取締会にて右報告[第一期営業上の損益精算]承認を決議、定款第四六条により利付保険契約に対し第一回利益分配を行う
11月3日 石川島造船所全員当社と生保契約締結
明治19年(1886) - 【渋沢栄一】「竜門社」創立。東京電灯会社開業(後に委員)。〔46歳〕【竜門社】竜門社が東京・深川福住町の青淵先生邸内に創立する。機関誌『竜門雑誌』創刊号を刊行。 渋沢関係略年譜
1月1日 不換紙幣の正貨兌換開始
1月25日 第五次株主総会
6月4日 第一国立銀行全役員当社と生保契約締結
PAGE TOP