東宝(株)帝国劇場『帝劇ワンダーランド : 帝国劇場開場100周年記念読本』(2011.01)

"楠山正雄"が書かれている年表項目はハイライトされています。

表示切替
月日 事項 年表種別
大正4年(1915) 4月26日 芸術座//「飯」作=中村吉蔵//「その前夜」作=ツルゲーネフ 訳・脚色=楠山正雄//「サロメ」作=ワイルド 訳=中村吉蔵 島村抱月(4月30日まで) 第1期 1911~1923 女優劇、オペラ、新劇......。新時代の幕開け
昭和2年(1927) 1月1日 築地小劇場//「熱風」作=ストリンドベルヒ 訳=楠山正雄//「休みの日」作=マゾウ 訳=小山内薫//「平行」作=カイザー 訳=北村喜八 久保栄(1月4日まで) 第2期 1924~1944 多彩なプログラム。スピードの時代
3月1日 新国劇 沢田正二郎一座//「白野弁十郎」作=ロスタン 訳=楠山正雄 劇化=額田六福//「義士間新六」作=行友李風(3月9日まで) 第2期 1924~1944 多彩なプログラム。スピードの時代
昭和3年(1928) 3月26日 築地小劇場「ペエルギユント」訳=楠山正雄(3月30日まで) 第2期 1924~1944 多彩なプログラム。スピードの時代
PAGE TOP