(社)日本綿業倶楽部『本邦綿糸紡績史. 第6巻』(1942.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
天保8年(1837) - 土居通夫氏生る
嘉永2年(1849) - 岡橋治助氏始て大阪へ来る
嘉永6年(1853) - 寺田甚与茂氏生る
文久元年(1861) - 【渋沢栄一】春、江戸に出て、海保漁村塾・千葉栄次郎道場に学ぶ。〔21歳〕 渋沢関係略年譜
- 南楠太郎氏生る
文久3年(1863) - 【渋沢栄一】高崎城乗っ取り、横浜焼き討ちを企てるが、計画を中止し京都に出奔。〔23歳〕 渋沢関係略年譜
- 谷口房蔵氏生る
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
- 新実八郎兵衛氏小倉軍服を納む
明治18年(1885) - 【渋沢栄一】ジャパン・ブリュワリー・コンパニー・リミテッド設立(後に理事)。日本郵船会社創立(後に取締役)。東京瓦斯会社創立(創立委員長、後に取締役会長)。〔45歳〕 渋沢関係略年譜
- 藤井源四郎氏滝野川の鹿嶋紡績を視察し紡績を志す
明治19年(1886) - 【渋沢栄一】「竜門社」創立。東京電灯会社開業(後に委員)。〔46歳〕【竜門社】竜門社が東京・深川福住町の青淵先生邸内に創立する。機関誌『竜門雑誌』創刊号を刊行。 渋沢関係略年譜
- 大阪撚糸会社創立せらる
明治20年(1887) - 【渋沢栄一】東京製綱会社発起委員(後に取締役会長)。東京人造肥料会社創立委員(後に取締役会長)。京都織物会社創立、相談役。日本煉瓦製造会社創立・発起人(後に取締役会長)。帝国ホテル創立・発起人総代(後に取締役会長)。北海道製麻会社・相談役。〔47歳〕 渋沢関係略年譜
- 天満紡績会社創立
- 京都綿糸織物会社の創立株大に権利が付く
- 和歌山紡績会社創立
- 南楠太郎氏の製油工場人目を驚かす
- 平賀義美氏川地方敬氏の専横を是認す
明治22年(1889) - 【渋沢栄一】東京石川島造船所創立・委員(後に取締役会長)。門司築港会社創立・相談役。田川採炭株式会社創立・相談役。三重紡績株式会社相談役。北海道炭礦鉄道会社常議員〔49歳〕 渋沢関係略年譜
- 山辺丈夫氏一子竜一氏を喪ふ
- 堺紡績所発展して泉州紡績会社となる
- 泉州紡績会社重役間に葛藤起る
- 和歌山紡績会社開業
明治23年(1890) - 【渋沢栄一】貴族院議員に任ぜられる。三本木渋沢農場開墾開始。〔50歳〕 渋沢関係略年譜
- 京都綿糸織物会社天満織物会社となる
- 天満織物会社重役決定
- 天満織物会社の全権力京都から大阪へ移る
PAGE TOP