南海鉄道(株)『南海鉄道発達史』(1938.09)

会社名 南海鉄道(株)
Nankai Tetsudo Kabushiki Kaisha
書誌事項 [ 12090 / A990 ]南海鉄道発達史 / 南海鉄道株式会社編
大阪 : 南海鉄道 : 1938.09
16, 455p, 図版53枚 ; 27cm
Nankai Tetsudo hattatsushi
奥付の編輯兼発行人: 南海鉄道株式会社内小林尚一 ; 印刷: 谷口印刷所 ; 折り込図23枚 ; 非売品 ; 縦組み ; 表紙に羽車マークの型押し ; 装丁はステープルファイバー ; 見返しに住吉大社の絵と和歌
各種ID 『会社史総合目録 増補・改訂版』一連アイテム番号:4237 / 『主要企業の系譜図』図番号:22-16;22-12 / 『企業名変遷要覧』企業番号:2749(南海電気鉄道)
所蔵リンク
会社沿革と社史メモ 大阪財界の藤田伝三郎(ふじた・でんざぶろう、1841-1912)らは大阪難波から堺までの鉄道敷設を目的に、1884年(明17)大阪堺間鉄道会社(後に阪堺鉄道)を設立。一方和歌山に1889年(明22)創業の南海鉄道は、阪堺鉄道を1898年(明31)合併。大阪和歌山間や高野山への鉄道網を整備し、バス事業や電気事業にも進出する。当該社史は沿革、事業の組織、資本及建設費、運輸、線路及停車場、車輛、土地建物経営、電気、という章立てで創立からの歩みと現況を詳述。車輛や沿線等の写真・図表を数多く掲載している。[1944年(昭19)関西急行鉄道と合併し近畿日本鉄道となる。1947年(昭22)南海電気鉄道に旧南海鉄道の鉄軌道事業を譲渡]
日経業種 鉄道・バス
会社名・団体名変遷図
渋沢栄一伝記資料事業名
センター・ブログ
PermaLink https://shashi.shibusawa.or.jp/details_basic.php?sid=12090
PAGE TOP