日清製油(株)『日清製油六十年史』(1969.11)

会社名 日清製油(株)
Nisshin Seiyu Kabushiki Kaisha
The Nisshin Oil Mills, Ltd.
書誌事項 [ 1320 / B188 ]日清製油六十年史 / 日清製油株式会社社史編纂室編
東京 : 日清製油 : 1969.11
xx, 374p, 図版6枚 ; 27cm
Nisshin Seiyu rokuju-nenshi
別タイトル: 日清製油60年史 ; 英文社名: The Nisshin Oil Mills, Ltd. (p42) ; 印刷: 三好印刷 ; 非売品 ; 縦組み
各種ID 『会社史総合目録 増補・改訂版』一連アイテム番号:0752 / 『主要企業の系譜図』図番号:4-43;4-36 / 『企業名変遷要覧』企業番号:2826(日清オイリオグループ)
所蔵リンク
会社沿革と社史メモ 大倉組創始者の大倉喜八郎(おおくら・きはちろう、1837-1928)は日露戦争後、満蒙の豊富な農産資源に着目し、新事業の開発を企図。一方横浜の肥料商松下久治郎(1867-1925)は満州の大豆油粕に注目していた。二人は共同して1907年(明40)日清豆粕製造(株)を創立。大連に工場を建設して操業開始。第一次大戦後に副産物であった大豆油の製造販売が進み、1918年(大7)日清製油と改称、松下久治郎商店を合併。戦時統制、戦後の接収期を経て国内工場を再建し業容を拡大する。60年史は社内の執筆で沿革を時代ごとの8章にまとめ、巻末に資料編と索引付。資料編には「日清サラダ油」の沿革も含む。[2002年(平14)持株会社日清オイリオグループを設立]
日経業種 食品
会社名・団体名変遷図
渋沢栄一伝記資料事業名
センター・ブログ
PermaLink https://shashi.shibusawa.or.jp/details_basic.php?sid=1320
PAGE TOP