大日本電力(株)『大日本電力二十年史』(1940.07)

会社名 大日本電力(株)
Dai Nippon Denryoku Kabushiki Kaisha
書誌事項 [ 13660 / A728 ]大日本電力二十年史 / 大日本電力株式会社編
東京 : 大日本電力 : 1940.07
4, 157p, 図版24枚 ; 26cm
Dai Nihon Denryoku niju-nenshi
奥付の編輯者: 大日本電力株式会社水野吉太郎 ; 印刷所: 杉田屋印刷所 ; 折り込図2枚 ; 非売品 ; 縦組み
各種ID 『会社史総合目録 増補・改訂版』一連アイテム番号:3853 / 『主要企業の系譜図』図番号:5-14、27-1、27-6、27-9
所蔵リンク
会社沿革と社史メモ 1887年(明20)静岡創業の富士製紙は1908年(明41)北海道進出、王子製紙苫小牧工場の支笏湖水力による電力確保に刺戟を受け、1918年(大7)日本初のダム式発電所を北海道石狩川水系空知川に完成した。製紙事業不振の折からより発展性のある電気事業への進出を計画し、電気部が1919年(大8)に分離独立、富士電気となる。30以上の同業会社を併合しつつ、津軽海峡を越えて秋田地方、郡山水戸地方へと進出、それにつれて社名も北海道電灯、大日本電力と変遷。20年史は本編に関係会社小誌として帝国電力、京王電気軌道、北海道合同電気、旭瓦斯の概要を掲載。[1942年(昭17)北海道配電に統合され、1951年(昭26)北海道電力となる]
日経業種 電力
会社名・団体名変遷図
渋沢栄一伝記資料事業名
センター・ブログ
PermaLink https://shashi.shibusawa.or.jp/details_basic.php?sid=13660
PAGE TOP