住友金属鉱山(株)『住友別子鉱山史. 上巻』(1991.05)

会社名 住友金属鉱山(株)
Sumitomo Kinzoku Kozan Kabushiki Kaisha
書誌事項 [ 5060 / A284 ]住友別子鉱山史. 上巻 / 住友金属鉱山株式会社住友別子鉱山史編集委員会編
東京 : 住友金属鉱山 : 1991.05
xx, 505p, 図版7枚 ; 27cm
Sumitomo Besshi Kozan shi. 01
編集協力: 住友史料館 ; 制作: 大日本印刷CDC事業部年史センター ; 印刷: 大日本印刷 ; 縦組み
各種ID 『会社史総合目録 増補・改訂版』一連アイテム番号:0066 / 『主要企業の系譜図』図番号:12-6 / 『企業名変遷要覧』企業番号:1760
所蔵リンク
会社沿革と社史メモ 伊予宇摩郡(愛媛県)別子山村に銅鉱脈が発見され、住友当主泉屋吉左衛門により1691年開坑。まもなく最盛期を迎え、長崎貿易で銅が主要輸出物となる。幕末期の経営困難を乗り越えるが1899年別子大水害を機に新居浜に事業所移転。鉱山の近代化をはかり戦後の財閥解体を経て1950年別子鉱業(株)発足、1952年社名変更し住友金属鉱山(株)となる。業績悪化により1973年閉山。以降は菱刈鉱山及び精錬事業を継続。社史は上巻が開坑から新居浜移転までを住友史料館が執筆、下巻は以降閉山までを社内で執筆。別冊資料編付。
日経業種 非鉄金属・金属製品
会社名・団体名変遷図
渋沢栄一伝記資料事業名
センター・ブログ
PermaLink https://shashi.shibusawa.or.jp/details_basic.php?sid=5060
PAGE TOP