日新火災海上保険(株)『日新火災八十年のあゆみ』(1988.08)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治41年(1908) - 【渋沢栄一】日韓瓦斯株式会社創立、取締役会長。帝国商業銀行相談役。東洋拓殖株式会社設立委員。木曾興業株式会社創立、相談役。アメリカ太平洋沿岸実業家一行招待。〔68歳〕 渋沢関係略年譜
5月 帝国帆船海上保険株式会社創立総会を開催、資本金五〇万円、杉井説造、専務に就任 東京市京橋区本湊町に本社を設置 日新火災事項
11月 日米太平洋方面覚書交換(高平-ルート協定) 業界関連・一般事項
明治43年(1910) - 【渋沢栄一】政府諮問機関の生産調査会創立・副会長。社団法人東京銀行集会所会長。〔70歳〕【竜門社】青淵先生の七十寿祝賀会を開催する。 渋沢関係略年譜
8月 帝国帆船、社名を東洋海上保険株式会社に改称。牧朴真、社長に就任 日新火災事項
明治44年(1911) - 【渋沢栄一】日露協会評議員。維新史料編纂会委員。財団法人済生会設立、顧問・評議員。勲一等に叙し瑞宝章を授与される。〔71歳〕 渋沢関係略年譜
1月 福寿火災保険株式会社創立総会を開催、資本金二〇〇万円、神野金之助、社長に就任 名古屋市西区玉屋町に本社設置 日新火災事項
6月 福寿火災ほか四社、火災保険同盟会を結成、火災保険協会との間で一〇社協定成立(二率協定締結) 業界関連・一般事項
9月 (東洋)本社を日本橋区小網町に移転 日新火災事項
12月 豊国火災保険株式会社創立総会を開催、資本金三〇〇万円、島徳蔵、社長に就任 大阪市東区今橋五丁目に本社を設置 日新火災事項
明治45年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
2月 (福寿)火災保険同盟会を脱退、火災保険協会に加盟 日新火災事項
3月 (福寿)本社を西区本町五丁目五番地に移転 日新火災事項
大正元年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
7月 米価高騰 業界関連・一般事項
10月 (東洋)牧社長退任、杉井専務が社長を代行 日新火災事項
- 続出するアウトサイダーと外国会社の低料率競争で二率協定崩壊 業界関連・一般事項
大正2年(1913) - 【渋沢栄一】伯剌西爾拓植株式会社創立準備委員。日本結核予防協会創立・副会頭(後に会頭)。中国興業株式会社(後の中日実業)創立、相談役。日本実業協会創立・会長。帝国飛行協会成立、評議員。〔73歳〕 渋沢関係略年譜
4月 (東洋)牧、再び社長に就任(杉井専務死去による) 日新火災事項
4月 (豊国)本社を大阪市北区梅田町に移転 日新火災事項
6月 (東洋)増資、新資本金二〇〇万円 日新火災事項
- 東北地方大凶作 業界関連・一般事項
大正3年(1914) - 【渋沢栄一】東北九州災害救済会創立、副総裁。合資会社国際通信社設立、相談役。日中経済界の提携のため中国訪問。財団法人国産奨励会設立準備委員総代、顧問。〔74歳〕 渋沢関係略年譜
7月 第一次世界大戦勃発 業界関連・一般事項
9月 戦時海上保険補償法公布(大、六・九廃止) 業界関連・一般事項
10月 (東洋)取締役袴田喜四郎、社長に就任 日新火災事項
11月 (福寿)一六社協定に加盟 日新火災事項
PAGE TOP