(株)神戸製鋼所『神戸製鋼70年. 資料編』(1974.09)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治38年(1905) - 【渋沢栄一】韓国皇帝より勲一等太極章。移転した養育院感化部井之頭学校と改称、開校式。〔65歳〕 渋沢関係略年譜
9月1日 合名会社鈴木商店は小林清一郎経営の小林製鋼所を買収し神戸製鋼所と改称 人事・組織・財務・関連企業など
9月 日露講和条約調印 社会事項
明治39年(1906) - 【渋沢栄一】大日本麦酒株式会社設立、取締役。南満州鉄道株式会社設立委員。京阪電気鉄道会社創立・創立委員長(後に相談役)。大日本製糖株式会社設立、相談役。名古屋電力株式会社創立・相談役。東海倉庫株式会社創立・相談役。明治製糖創立・相談役。〔66歳〕 渋沢関係略年譜
10月 田宮嘉右衛門、神戸製鋼所所長に就任 人事・組織・財務・関連企業など
明治43年(1910) - 【渋沢栄一】政府諮問機関の生産調査会創立・副会長。社団法人東京銀行集会所会長。〔70歳〕【竜門社】青淵先生の七十寿祝賀会を開催する。 渋沢関係略年譜
- 日露戦争の結果、日本海軍は民間工場育成方針を採り、当社も呉海軍工廠をはじめ舞鶴・横須賀の各工廠から技術の指導を受け、かつ注文を受けることとなる。 人事・組織・財務・関連企業など
- 一五トン梁上クレーン一基と一五トン平炉一基増設 技術・設備・生産など
明治44年(1911) - 【渋沢栄一】日露協会評議員。維新史料編纂会委員。財団法人済生会設立、顧問・評議員。勲一等に叙し瑞宝章を授与される。〔71歳〕 渋沢関係略年譜
2月 関税自主権を確立 社会事項
6月28日 神戸製鋼所を合名会社鈴木商店から分離し(株)神戸製鋼所を設立//商号 株式会社神戸製鋼所//資本 一四〇万円//本店 神戸市葺合区脇浜町一丁目//支店 東京、門司、呉//目的 鋳鋼、鍛鋼、船舶ならびに諸機械の製造および工業用品の販売、代理店//取締役社長 黒川勇熊//常務取締役 田宮嘉右衛門//取締役 依岡省輔//監査役 吉井幸蔵//監査役 鈴木岩治郎//合名会社鈴木商店所有のオーストリア、ボーレル社の日本における工具販売権を継承し、またボーレル社からその製作権をも獲得 人事・組織・財務・関連企業など
11月 定款第一〇条および第二五条を変更して決算期を毎年六月、一二月の二回とする 人事・組織・財務・関連企業など
12月 ドリル工場竣工、ドイツから輸入の機械据付完了 技術・設備・生産など
- 鋳鋼工場増設(鉄骨七九二m2) 技術・設備・生産など
- 第二機械工場新設(九九〇m2) 技術・設備・生産など
- 動力用一二五馬力吸入ガス発動機二基据付完了 技術・設備・生産など
- (当時における既設主要鉄鋼会社)//釜石製鉄所(明治二〇年)//八幡製鉄所(明治二九年)//住友鋳鋼所(明治三四年)//川崎造船所(明治三九年)//日本製鋼所(明治四〇年)//輪西製鉄所(明治四二年)//本渓湖煤鉄公司(明治四四年) 社会事項
明治45年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
1月 中華民国成立 社会事項
3月 オーストリア、ボーレル社から招聘のドリル焼入れ技師ミューラー氏来着、ボーレルドリルの製造開始 技術・設備・生産など
1912年 - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
7月 第五回オリンピック・ストックホルム大会に日本初参加 社会事項
7月 明治天皇崩御 社会事項
- 機械工場増設 技術・設備・生産など
大正元年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
12月 第一次護憲運動起こる 社会事項
大正2年(1913) - 【渋沢栄一】伯剌西爾拓植株式会社創立準備委員。日本結核予防協会創立・副会頭(後に会頭)。中国興業株式会社(後の中日実業)創立、相談役。日本実業協会創立・会長。帝国飛行協会成立、評議員。〔73歳〕 渋沢関係略年譜
5月 常務取締役田宮嘉右衛門は製鋼事業視察のため鋳物技師諏訪常次郎を同伴、ヨーロッパに出張 人事・組織・財務・関連企業など
PAGE TOP