ジャスコ(株)『ジャスコ三十年史』(2000.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
慶長16年(1611) - 伊藤拓道、名古屋本町に呉服小間物問屋(のちにいとう呉服店から松坂屋)創業 業界・一般社会の動き
寛文2年(1662) - 大村彦太郎、江戸日本橋通り2丁目に小間物店(のちに白木屋呉服店から東急百貨店)創業 業界・一般社会の動き
延宝元年(1673) - 三井高利、江戸日本橋に越後屋(のちの三越)創業 業界・一般社会の動き
享保2年(1717) - 下村彦右衛門正啓、京都伏見に呉服店(のちの大丸)創業 業界・一般社会の動き
宝暦8年(1758) - ジャスコの前身・岡田屋創業。元祖岡田惣左衛門が四日市久六町で太物・小間物商を始める。屋号、篠原屋 当社の動き
寛政10年(1798) - 元祖岡田惣左衛門没 当社の動き
天保元年(1830) - 大和屋伊兵衛、大阪座摩神社に古手商(後の十合呉服店からそごう百貨店)創業 業界・一般社会の動き
天保2年(1831) - 飯田新七、京都烏丸にたかしまや飯田呉服店(後の高島屋)創業 業界・一般社会の動き
嘉永3年(1850) 12月 五世惣右衛門(現ジャスコ名誉会長岡田卓也の祖父)生まれる(幼名由松) 当社の動き
文久3年(1863) - 【渋沢栄一】高崎城乗っ取り、横浜焼き討ちを企てるが、計画を中止し京都に出奔。〔23歳〕 渋沢関係略年譜
- 五世惣右衛門、行商に出る(14歳)。日永うちわ、さらし木綿、紅木綿などの無地ものを商う 当社の動き
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
- 五世惣右衛門、天秤棒を大八車に替え、行商から出張売り出しへ。仕入れは名古屋、松阪まで広げる 当社の動き
- 横浜でアメリカ人がビールを醸造 業界・一般社会の動き
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
1月 早矢仕有的、丸善開業 業界・一般社会の動き
- パンの木村屋総本店創業 業界・一般社会の動き
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
- 築地精養軒開業 業界・一般社会の動き
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
- 新橋・横浜間の鉄道が開通し、新橋駅に西洋食堂が開業 業界・一般社会の動き
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
- アイスクリーム登場 業界・一般社会の動き
明治7年(1874) - 【渋沢栄一】東京府知事より共有金取締を嘱託される。〔34歳〕 渋沢関係略年譜
- 肉食盛んになり広まる 業界・一般社会の動き
- 銀座煉瓦通り完成 業界・一般社会の動き
明治10年(1877) - 【渋沢栄一】択善会創立(後に東京銀行集会所・会長)。王子西ヶ原に別荘を建てはじめる。〔37歳〕 渋沢関係略年譜
1月 売薬規則制定 業界・一般社会の動き
PAGE TOP