味の素(株)『味の素株式会社社史. 1』(1971.06)

会社名 味の素(株)
Ajinomoto Kabushiki Kaisha
書誌事項 [ 970 / A438 ]味の素株式会社社史. 1 / 味の素株式会社社史編纂室編纂
東京 : 味の素 : 1971.06
12, 55, 469, 48p, 図版10枚 ; 27cm
Ajinomoto Kabushiki Kaisha shashi. 01
監修: 土屋喬雄 ; 執筆: 坂口謹一郎, 宮本常一, 由井常彦, 西村はつ ; 制作: 日本経営史研究所 ; 印刷: 凸版印刷 ; 折り込図3枚 ; 横組み
各種ID 『会社史総合目録 増補・改訂版』一連アイテム番号:0589 / 『主要企業の系譜図』図番号:4-47 / 『企業名変遷要覧』企業番号:0133
所蔵リンク
会社沿革と社史メモ
Company and Shashi Overview
「味の素」発売60年を機に編纂された社史で、1.戦前編と2.戦後編の2冊からなる。1.は1888年(明治21)に始まる鈴木家のヨード事業から書き起こし、戦時下の経営難まで。2.は戦後の復興から1960年代の多角化と国際化までの内容。既刊の『味の素沿革史』は社内の編集であったのに対し、本社史は経済学者土屋喬雄の監修のもとに日本経営史研究所が制作した。各編巻頭には有機化学の権威である坂口謹一郎、赤堀四郎両博士の随想を載せ、さらに民俗学者宮本常一の「日本における調味料の歴史」も1.に掲載している。
This shashi was compiled to mark the sixtieth anniversary of the launch of “aji-no-moto” and consists of two volumes, one each on the pre- and post-WWII periods. The first volume starts with the Suzuki family’s production of iodine and covers the period until the financial difficulties of WWII. The second volume starts with the company’s revival after the war and covers the period until the diversification and internationalization of the 1960s. Although the previously published Ajinomoto enkakushi (The History of Ajinomoto) was an in-house project, this shashi was compiled by the Japan Business History Institute under the supervision of economist Tsuchiya Takao. Both volumes include prefatory remarks by authoritative organic chemists Dr. Sakaguchi Kin’ichiro and Dr. Akahori Shiro and volume one includes folklorist Miyamoto Tsuneichi’s “Nihon ni okeru chomiryo no rekishi” (The History of Seasonings in Japan).
日経業種 食品
会社名・団体名変遷図
渋沢栄一伝記資料事業名
センター・ブログ
PermaLink https://shashi.shibusawa.or.jp/details_basic.php?sid=970
PAGE TOP