京都織物(株)『京都織物株式会社五十年史』(1937.11)

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

目次項目 ページ
無上の光栄 巻頭
第壱部 沿革 p3
緒言 p3
第一章 創立 p3
第一節 当社創立前後の京都 p3
第二節 当社創立の経過 p8
第三節 創立願書の提出 p17
第四節 創立認許と府立織殿の払下 p47
第五節 最初の株主総会 p48
第六節 浜岡委員及び三技師欧米視察 p73
第七節 旧織殿地所建物売却 p74
第八節 創立当時の株主及株金払込徴収 p76
第九節 創立当時の従業員 p79
第十節 仮営業当時の収支状態 p81
第十一節 本社工場敷地買収と建築工事 p87
第二章 営業開始 p93
第一節 光輝に満てる開業式 p93
第二節 開業当時の概況 p94
第三節 開業当時の重役並に従業員 p98
第四節 営業規則 p101
第三章 業績 p116
第一節 第一期 p116
一、 明治二十一年―二十三年 p116
業況 p116
社業改革声明 p116
改革を断行す p116
二、 明治二十四年 p119
業況 p119
会社現在に関する内貴委員長の演説 p119
重役総辞職渋沢栄一氏委員長就任 p119
重役総辞職経緯 p119
社員同盟辞職 p119
仏国技師臨時解雇 p119
新重役所見 p119
撚糸工場新設試運転 p119
期末製品現在高 p119
三、 明治二十五年 p136
業況 p136
本社負担株処分 p136
地方より工女募集 p136
四、 明治二十六年 p138
業況 p138
撚糸工場拡張と電灯架設決議 p138
染原料品価格改定換算 p138
不用土地を売却して創業費消却 p138
資本金端数減資 p138
商法実施と定款改正 p138
定款改正と役員選挙 p138
渋沢栄一氏取締役会長就任 p138
汽織機増設決議 p138
織物工場点灯 p138
五、 明治二十七年 p144
業況 p144
借入金極度の承認 p144
工場縦覧謝絶決議 p144
不用土地売却 p144
撚糸工場拡張落成 p144
地所売却差益金処分 p144
繻子の名称を改む p144
六、 明治二十八年 p149
業況 p149
汽織機壱百台増設決議 p149
都繻子進歩一等賞受領 p149
特約販売契約 p149
七、 明治二十九年 p153
業況 p153
増資 p153
創立拾年記念祝賀式 p153
八、 明治三十年 p156
業況 p156
舟阪社員仏国へ差遣 p156
第一期業績概表 p156
明治三十年下半期貸借対照表 p156
第二節 第二期 p159
一、 明治三十一年 p160
業況 p160
二、 明治三十二年 p160
業況 p160
三、 明治三十三年 p161
業況 p161
田中源太郎氏取締役会長就任 p161
京都織物合資の汽織機購入 p161
四、 明治三十四年 p162
業況 p162
五、 明治三十五年 p163
業況 p163
六、 明治三十六年 p163
業況 p163
七、 明治三十七年 p164
業況 p164
八、 明治三十八年 p165
業況 p165
九重織物株式会社合併 p165
渋沢男取締役を辞任 p165
渋沢男相談役を承諾 p165
九、 明治三十九年 p170
業況 p170
創立弐拾周年記念祝賀 p170
増資 p170
一〇、 明治四十年 p175
業況 p175
臨時慰労金贈与決議 p175
第二期業績概表 p175
明治四十年下半期貸借対照表 p175
第三節 第三期 p180
一、 明治四十一年 p181
業況 p181
二、 明治四十二年 p182
業況 p182
渋沢男相談役辞任 p182
三、 明治四十三年 p184
業況 p184
四、 明治四十四年 p184
業況 p184
五、 大正元年 p186
業況 p186
六、 大正二年 p187
業況 p187
七、 大正三年 p188
業況 p188
八、 大正四年 p189
業況 p189
九、 大正五年 p191
業況 p191
一〇、 大正六年 p192
業況 p192
第三期業績概表 p192
大正六年下半期貸借対照表 p192
第四節 第四期 p197
一、 大正七年 p198
業況 p198
根上、大野両工場新設 p198
二、 大正八年 p201
業況 p201
増資 p201
再整工場仕上部失火 p201
三、 大正九年 p204
業況 p204
財津技師欧米視察 p204
四、 大正十年 p207
業況 p207
五、 大正十一年 p208
業況 p208
田中取締役社長長逝 p208
飯田政之助氏取締役会長就任 p208
六、 大正十二年 p210
業況 p210
関東大震災と当社損害 p210
七、 大正十三年 p213
業況 p213
舟阪専務取締役欧米視察 p213
八、 大正十四年 p214
業況 p214
舟阪専務取締役会長兼任 p214
九、 昭和元年 p216
業況 p216
一〇、 昭和二年 p217
業況 p217
舟阪取締役会長長逝 p217
第四期業績概表 p217
昭和二年下半期貸借対照表 p217
第五節 第五期 p221
一、 昭和三年 p222
業況 p222
飯田新七氏取締役会長就任 p222
二、 昭和四年 p223
業況 p223
佐藤社員仏国留学 p223
三、 昭和五年 p225
業況 p225
株式買入減資 p225
四、 昭和六年 p229
業況 p229
五、 昭和七年 p231
業況 p231
六、 昭和八年 p233
業況 p233
七、 昭和九年 p235
業況 p235
八、 昭和十年 p235
業況 p235
九、 昭和十一年 p237
業況 p237
丸居商店工場買収 p237
一〇、 昭和十二年(前半期) p238
業況 p238
第五期業績概表 p238
昭和十二年前期貸借対照表 p238
第弐部 事業 p243
第一章 組織 p243
第一節 定款 p243
第二節 株主 p252
第三節 役員 p254
第四節 従業員 p263
第二章 資本金 p265
第一節 資本金及び株金払込推移 p265
第二節 株主配当率 p267
第三章 製造設備 p269
第一節 工場敷地及建物 p269
第二節 機械台数及び撚糸機錘数 p273
第四章 製品 p277
第一節 主要製品 p277
第二節 内外博覧会受賞 p282
現況 p285
年譜 p289
附録(統計表) p289
写真  NP
光栄 NP
現役員、歴代役員 NP
本社及各分工場 NP
工場の一部 NP
各種製品 NP
修養及体育施設の一部 NP
防護特設分団の活躍 NP
創立願書 NP
明治二十年版京都地図の一部 NP
定款認可書 NP
賞牌及賞状 NP
索引リスト
PAGE TOP