(株)読売新聞社『読売新聞発展史』(1987.11)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
1月26日 東京・横浜間電信開通 一般マスコミ
3月4日 子安峻、本野盛亨、柴田昌吉、横浜弁天町に活版印行所「日就社」を創立 本社
12月8日 「横浜毎日」新聞創刊 一般マスコミ
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
3月14日 東京・京都・大阪間に郵便法施行公告 一般マスコミ
11月 日就社、平野富二から長崎新塾製の活字購入 本社
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
3月29日 「東京日日」創刊 一般マスコミ
5月7日 品川・横浜間汽車開通 一般マスコミ
6月10日 「郵便報知」創刊 一般マスコミ
9月 日就社、外務省の外交報告書「秘魯国アリアルヅ一件」を印刷 本社
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
1月 「附音・挿図 英和字彙」を横浜日就社から出版 本社
4月20日 日就社、東京虎ノ門外の芝琴平町1番に移る 本社
10月19日 新聞紙発行条目(発行許可制など規定)公布 一般マスコミ
明治7年(1874) - 【渋沢栄一】東京府知事より共有金取締を嘱託される。〔34歳〕 渋沢関係略年譜
4月13日 「東京日日」記者岸田吟香、台湾征討に従軍 一般マスコミ
9月23日 「朝野」創刊 一般マスコミ
11月2日 子安峻(初代社長)、本野盛亨、柴田昌吉読売新聞を創刊。隔日刊、縦26センチ、横35センチの両面印刷、定価1枚8厘、1か月10銭、発行所は日就社。総傍訓つきの最初の本格的大衆新聞。街頭で“読み売り”が人気を呼ぶ 本社
明治8年(1875) - 【渋沢栄一】第一国立銀行頭取。商法講習所創立。東京会議所会頭。〔35歳〕 渋沢関係略年譜
1月10日 相場欄を新設(東京・大阪の米、横浜洋銀、水油市況) 本社
5月1日 隔日刊を日刊に改める 本社
5月7日 樺太・千島交換条約調印 一般マスコミ
5月27日 本紙にノリ付けした付箇号外を発行(本所の火事報道)//本紙号外のはじめ 本社
6月22日 広告だけの1ページ付録を発行 本社
PAGE TOP