(特)東京商工会議所『東京商工会議所百年史』(1979.07)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
慶応3年(1867) - 【渋沢栄一】徳川昭武に従ってフランスへ出立(パリ万博使節団)。〔27歳〕 渋沢関係略年譜
- 徳川昭武一行のパリ博覧会、ヨーロッパ視察団に、若き渋沢栄一随行、翌年帰国 商工会議所関係事項
慶応4年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
8月 東京府開庁 国内外の動き
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
9月 元号を明治と改元//翌年三月東京奠都 国内外の動き
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
1月 国旗「日の丸」を制定 国内外の動き
9月 前橋製糸所、繰糸を開始 国内外の動き
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
1月 郵便制度発足 国内外の動き
5月 新貨条例公布、円を単位とし十進法を採用 国内外の動き
7月 廃藩置県 国内外の動き
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
5月 町会所を廃止 国内外の動き
7月 東京営繕会議所設置 国内外の動き
8月 東京会議所に改編 国内外の動き
9月 新橋~横浜間に鉄道開通 国内外の動き
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
8月 第一国立銀行開業 国内外の動き
明治8年(1875) - 【渋沢栄一】第一国立銀行頭取。商法講習所創立。東京会議所会頭。〔35歳〕 渋沢関係略年譜
9月 渋沢栄一らの尽力により日本最初の商業教育機関「商法講習所」銀座尾張町に設置 商工会議所関係事項
明治10年(1877) - 【渋沢栄一】択善会創立(後に東京銀行集会所・会長)。王子西ヶ原に別荘を建てはじめる。〔37歳〕 渋沢関係略年譜
1月 工部卿伊藤博文、大蔵卿大隈重信、条約改正促進のため、商法会議所設立の急務を強調 商工会議所関係事項
2月 西南戦争起こる。西郷隆盛、征韓論などの対立から挙兵熊本鎮台を攻める。九月鎮圧 国内外の動き
4月 東京開成学校と東京医学校を合併、東京大学となる 国内外の動き
8月 第一回内国勧業博覧会、上野公園で開催 国内外の動き
- この年、コレラ流行のため、東京神田に下水道を建設 国内外の動き
明治11年(1878) - 【渋沢栄一】東京商法会議所創立・会頭(後に東京商業会議所・会頭)。〔38歳〕 渋沢関係略年譜
3月 東京商法会議所創立(京橋区木挽町) 商工会議所関係事項
PAGE TOP