(社)日本綿業倶楽部『本邦綿糸紡績史. 第2巻』(1937.09)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治16年(1883) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社工場落成・発起人(後に相談役)。伊藤かねと再婚。〔43歳〕 渋沢関係略年譜
- 小深川工場開業
- 玉嶋紡農商務省に叱らる
- 桑原紡機械代延納願提出
- 有終社政府貸下金を受く
- 前川氏チンローラー払下を請ふ
- 豊井紡績工場出来
- 大阪紡績夜業を開始す
- 九代伊藤伝七氏歿す
- 三重紡第一回延納願
- 三重紡第二回延納願
- 三重紡第三回延納願
- 亀岡勝知氏主唱となり聯合会内国糸買上を政府に上願す
明治17年(1884) - 【渋沢栄一】東京商業学校(前、商法講習所)校務商議委員。磐城炭礦社設立・会長日本鉄道会社理事委員(後に取締役)。〔44歳〕 渋沢関係略年譜
- 広嶋紡績所払下
- 荒川新一郎氏外綿輸入計画を献言
- 荒川氏紡績聯合会に原綿の撰択を説く
- 玉嶋紡績佐賀物産会社の紡機を買受く
- 下野紡績落成翌年開業
- 岡山県に大海嘯あり岡山紡政府貸金を受く
- 前川迪徳氏動力不足の苦情を申出づ
- 石河正竜氏前川氏の苦情を摶撃す
PAGE TOP