稲畑産業(株)『稲畑八十八年史 : 1890~1978』(1978.01)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
文久2年(1862) 4月23日 京都伏見の寺田屋騒動 時の流れ
9月 幕府オランダへ留学生派遣 時の流れ
10月30日 京都烏丸通り御池に於いて、父利助、母みつの長男として生る。生家は「亀屋正重」という京洛一流の菓子舗 稲畑勝太郎の歩み
元治元年(1864) - 【渋沢栄一】一橋慶喜に仕える。篤太夫と改名。〔24歳〕 渋沢関係略年譜
7月 生家「蛤御門の変」で焼失、山科へ避難(2歳) 稲畑勝太郎の歩み
7月 蛤御門の変(禁門の変、甲子の変とも言う)で京都市内は焦土と化す、焼失家屋28,000余戸(京のどんどん焼) 時の流れ
慶応元年(1865) - 【渋沢栄一】一橋家歩兵取立御用掛を命ぜられ領内を巡歴。〔25歳〕 渋沢関係略年譜
- この年 生家京都三条大橋東5丁目西海子町(現在滋賀銀行東山支店が在るあたり)に移り、菓子舗を再開(3歳) 稲畑勝太郎の歩み
慶応3年(1867) - 【渋沢栄一】徳川昭武に従ってフランスへ出立(パリ万博使節団)。〔27歳〕 渋沢関係略年譜
1月9日 明治天皇即位 時の流れ
10月14日 徳川慶喜大政奉還 時の流れ
12月9日 王制復古の大号令下る 時の流れ
慶応4年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
1月3日 鳥羽伏見の戦 時の流れ
3月14日 五箇条の御誓文発布 時の流れ
4月11日 江戸開城 時の流れ
7月17日 江戸を東京と改称 時の流れ
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
9月8日 明治と改元、一世一元制とする 時の流れ
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
3月 東京遷都 時の流れ
11月16日 スエズ運河開通 時の流れ
12月 京都市内に64小学校開校 時の流れ
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
1月27日 国旗「日の丸」制定 時の流れ
4月 下京区第8区粟田小学校に入学(8歳) 稲畑勝太郎の歩み
12月 京都舎密局開設 時の流れ
PAGE TOP